アドレノクロム

あどれのくろむ ADRENOCHROME
上映日
2022年7月29日

製作国
アメリカ

制作年
2017
上映時間
84分

レーティング
R-15
ジャンル
ホラー アクション バイオレンス

check解説

ハリウッドの新鋭映像作家トレヴァー・シムズが主演兼任で長編監督デビューを飾った作品。人間の内臓や血液から作られ、強烈な麻薬効果や若返り効果を持つと噂される究極のドラッグ“アドレノクロム”。全米でまことしやかに囁かれるこの都市伝説を巡る物語。共演は「プライベート・ライアン」のトム・サイズモア。
映画館で観る
配信で観る
Blu-ray&DVDで観る
TVで観る

この作品のレビュー

映画専門家レビュー

  • 映画評論家
    上島春彦
    タイトルの意味を知らなかったので調べた。国際的陰謀論までどっとネットに出現し、呆れる。気分が悪い人身売買の話もあるが、ここでは要するにカニバリズム(人肉食)で若... もっと見る
  • 映画執筆家
    児玉美月
    こういった低俗にみえることさえ厭わないような映画に低い点数をつけること自体ナンセンスな気がして憚られてしまうが、かといって高得点をつけるのもいかがなものか。デジ... もっと見る
  • 映画監督
    宮崎大祐
    薬物を摂取せずとも宇宙の彼方までブッ飛んでいったような気分にさせてくれた「レクイエム・フォー・ドリーム」や「エンター・ザ・ボイド」レベルの創造的飛距離を期待して... もっと見る

「アドレノクロム」のストーリー

全米を震撼させた連続猟奇殺人軍団“ヴェニスビーチ・ギャング”の正体とは?奴らは殺した人間の内臓や血液から究極のドラッグ“アドレノクロム”を作り続けていた……。政治、経済、芸能……。世界の闇に蠢く黒い噂や陰謀論とともに語られる都市伝説“アドレノクロム”。アドレナリンの酸化によって形成されるその化合物は、強烈な麻薬効果や若返り効果を持つ“究極のドラッグ”と信じられている。だが、殺した人間の内臓や血液を元に作られるため、抽出には幼い子どもが誘拐や人身売買の犠牲となり、その流通には秘密結社や悪魔崇拝者が絡んでいるという噂も絶えず、“悪魔の薬”とも呼ばれていた。本作ではその危険な都市伝説に挑むとともに、最新の特殊視覚効果を駆使してドラッグでハイになった幻覚状態をスクリーン上に再現、観客に“悪魔の薬”を体感させる禁断のドラッグハイ・ムービーだ。同時に、イラク帰還兵の主人公がトラウマに苦悩し、幻覚に悩まされるスリリングなミステリー・サスペンスであり、猟奇殺人鬼集団の恐怖を描くバイオレンス・ホラーであり、グラマラスなビキニの美女たちが画面を彩るセクシーなビーチ・ムービーであり、クライマックスには主人公がランボーばりの激闘を繰り広げるバトル・リベンジ・アクションとなる映画の常識を覆す驚愕のスーパーエンタテインメントとなっている。

「アドレノクロム」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「アドレノクロム」のスペック

基本情報
ジャンル ホラー アクション バイオレンス
製作国 アメリカ
製作年 2017
公開年月日 2022年7月29日
上映時間 84分
製作会社 True Auteur Pictures
配給 エクストリーム(協力:エデン)
レイティング R-15
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
公式サイト https://adrenochrome.jp/
コピーライト (C)2017 True Auteur Pictures Inc.

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
2022年8月下旬号 REVIEW 日本映画&外国映画 「アドレノクロム」
2022年8月上旬号 UPCOMING 新作紹介 「アドレノクロム」