フラッグ・デイ 父を想う日

ふらっぐでいちちをおもうひ FLAG DAY
上映日
2022年12月23日

製作国
アメリカ

制作年
2021
上映時間
112分

レーティング
PG-12
ジャンル
ドラマ

check解説

監督・主演を兼任したショーン・ペンが、構想15年を費やして衝撃の実話を映画化。1992年。裁判を控えた米国最大級の贋札犯ジョンが逃亡する。史上最高額の贋札を偽造したジョンの実像とは? 父に変わらぬ愛情を抱き続ける娘ジェニファーとの関係とは? 共演はショーン・ペンの娘ディラン・ペン、「アベンジャーズ/エンドゲーム」のジョシュ・ブローリン。
映画館で観る
配信で観る
Blu-ray&DVDで観る
TVで観る

この作品のレビュー

映画専門家レビュー

  • 映画監督/脚本家
    いまおかしんじ
    やることなすこといい加減。どうしようもないダメな父親。でも憎めない。ショーン・ペンはこういう役がよく似合う。娘と父親の話。ストーリーはここからブレない。母親や弟... もっと見る
  • 文筆家/俳優
    睡蓮みどり
    時代ごとにレンズを使い分け、フィルムを駆使したという本作の撮影。変わりゆく映像の質感からは、この映画がもつ本質的な愛情の深さが伝わってくる。ショーン・ペンが監督... もっと見る
  • 映画批評家、都立大助教
    須藤健太郎
    監督が主演を兼ねるといかにも自画像に見える。娘の役を実の娘が演じ、父への愛憎半ばする感情に焦点が当てられるとなれば、なおさらだろう。だが、本作をショーン・ペン個... もっと見る

「フラッグ・デイ 父を想う日」のストーリー

1992年、一つのニュースが全米に衝撃を与える。裁判を控えたアメリカ最大級の贋札事件の犯人、ジョン(ショーン・ペン)が逃亡したのだ。その犯罪の顛末を知らされてもなお、娘のジェニファー(ディラン・ペン)は、“私は父が大好き”と呟く。史上最高額の贋札を非常に高度な技術で偽造したジョンとは、一体どんな男だったのか? 父に変わらぬ愛情を抱き続けるジェニファーとの関係とは? ジェニファーの幼い頃から“平凡な日々を見違えるほど驚きの瞬間に変えた”父との思い出。宝物のように貴く、だからこそ切ないその日々が紐解かれていく……。

「フラッグ・デイ 父を想う日」の映像

「フラッグ・デイ 父を想う日」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「フラッグ・デイ 父を想う日」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2021
公開年月日 2022年12月23日
上映時間 112分
製作会社 Wonderful Films=Rahway Road Productions=New Element Media=CLyde is Hungry Films=Conqueror Productions=Manitoba Film & Music
配給 ショウゲート
レイティング PG-12
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
公式サイト https://flagday.jp/
コピーライト (C)2021 VOCO Products, LLC

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
2023年1月上・下旬合併号 「フラッグ・デイ 父を想う日」 インタビュー ショーン・ペン[監督・主演]
「フラッグ・デイ 父を想う日」 作品評
REVIEW 日本映画&外国映画 「フラッグ・デイ 父を想う日」
UPCOMING 新作紹介 「フラッグ・デイ 父を想う日」