戦場記者

せんじょうきしゃ
上映日
2022年12月16日

製作国
日本

制作年
2022
上映時間
101分

レーティング
一般映画
ジャンル
社会派 戦争

check解説

戦争の被害者は一体誰なのか――。ガザ、ウクライナ、アフガニスタンなど、世界の戦地を徹底的に取材して歩く戦場記者、須賀川拓(ひろし)が突きつける理不尽かつ残酷な現実。それは、決して「対岸の火事」ではない、あまりに過酷な世界の危機を伝えるドキュメンタリー。監督でありレポーターの須賀川は、TBSテレビに在籍し、中東支局長として現在ロンドンを拠点に、世界中を飛び回る特派員。2022年3月開催のTBSドキュメンタリー映画祭で上映された『戦争の狂気 中東特派員が見たガザ紛争の現実』を基に、さらなる取材を重ね、さまざまな地域の戦場の実態レポートを拡充した。また、それを世界に発信するために粉骨砕身する自らのストーリーも重ね合わせ、よりグローバルで、ドラマチックな内容となっている。
映画館で観る
配信で観る
Blu-ray&DVDで観る
TVで観る

この作品のレビュー

映画専門家レビュー

  • 脚本家、映画監督
    井上淳一
    伝え続けなければと戦場記者は言う。結局何も変えられないけれどとも。それだけの自覚があるなら、それを逆転させる力のある映画が見たかった。パレスチナ、ウクライナ、ア... もっと見る
  • 日本経済新聞編集委員
    古賀重樹
    TBSの中東支局長、須賀川拓記者がガザ、ウクライナなどの紛争地を取材する姿を追う。対立する両者に取材を重ねて紛争地の現実に迫り、SNSも駆使して発信する記者の姿... もっと見る
  • 映画評論家
    服部香穂里
    “戦場記者”と銘打つも、アフガニスタンにおける、通常の報道でも見落とされがちな薬物依存者が埋めつくす溜まり場の惨状が、ガザやウクライナの... もっと見る

「戦場記者」のストーリー

テレビの枠に収まらない新時代のジャーナリスト・須賀川は中東支局長というポジションながら、中東はもとより、ヨーロッパ、アフリカ、アジアと地球の約1/3という驚異的な広さのエリアをカバーし、世界各地からニュースを日本のTBSやJNN系列のニュース番組に送っている。彼は、「戦争に白黒はない」といい、報道でも敵味方双方の意見や立場を紹介することを忘れない。だが時間の制限ゆえに事実のみを伝えることが多いテレビ報道。その枠を超え、ニュースの裏にある真実に迫ろうと、YouTubeやSNSを駆使し、危険エリアから撮影クルーと共に多くのニュースを送る。須賀川のスピード感溢れる怒涛のレポート、そしてホンモノの紛争地の緊張感、筋書きのない意外な展開に満ちたYouTubeニュースは従来のニュースファンばかりか、若い視聴層も取り込み、平均30万再生以上の人気コンテンツとなっている。須賀川の紛争地レポートの特徴は、政治や上の事情説明よりも、現場で何が起こっているかを、住民の声を聞き、我々が身近に思える所に焦点を当てながら、克明に伝える表現力と分析力にある。そして、彼が一貫して批判するのは戦争とはいえ許されない「戦争犯罪」。市民を平気で巻き込む無差別攻撃はなぜ起こっているのか。それを明らかにするため、執念の取材は続く。

「戦場記者」の映像

「戦場記者」の写真

「戦場記者」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「戦場記者」のスペック

基本情報
ジャンル 社会派 戦争
製作国 日本
製作年 2022
公開年月日 2022年12月16日
上映時間 101分
製作会社 TBSテレビ
配給 KADOKAWA
レイティング 一般映画
アスペクト比 16:9
カラー/サイズ カラー
公式サイト https://senjokisha.jp/
コピーライト (C)TBSテレビ

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
2023年1月上・下旬合併号 REVIEW 日本映画&外国映画 「戦場記者」
2022年12月下旬号 REVIEW 日本映画&外国映画 「戦場記者」
UPCOMING 新作紹介 「戦場記者」