劇場版TOKYO MER 走る緊急救命室

げきじょうばんとうきょうえむいーあーるはしるきんきゅうきゅうめいしつ
上映日
2023年4月28日

製作国
日本

制作年
2023
上映時間
128分

レーティング
一般映画
ジャンル
アクション ドラマ

check解説

オペ室を搭載した大型車両で事故や災害の現場に駆け付ける医療チームを描いたTVドラマの劇場版。横浜・ランドマークタワーで爆発事故が発生、地上70階に193名が取り残される。そこに、チーフドクター・喜多見の妻で妊娠中の千晶もいることが判明する。脚本の黒岩勉、監督の松木彩がドラマ版に続き担当。出演は、「エゴイスト」の鈴木亮平、「今日から俺は!!劇場版」の賀来賢人、「水上のフライト」の中条あやみらドラマのレギュラー陣のほか、「とんび」の杏、「映画 少年たち」のジェシーが新たに参加している。
映画館で観る
配信で観る
Blu-ray&DVDで観る
TVで観る

ユーザーレビュー

「劇場版TOKYO MER 走る緊急救命室」のストーリー

横浜・ランドマークタワーで爆発事故が発生する。数千人が逃げ惑う前代未聞の緊急事態に、TOKYO MERのチーフドクター・喜多見(鈴木亮平)はいち早く現場に向かうべきだと主張するが、厚生労働大臣が新設した冷徹なエリート集団・YOKOHAMA MERのチーフ・鴨居(杏)は、安全な場所で待っていなくては救える命も救えなくなると真逆の信念をぶつける。爆発が次々と連鎖するなか、地上70階に193名が取り残されていた。重傷者が続出するが、炎と煙で救助ヘリは近づけない。さらに、喜多見と再婚し、妊娠後期の千晶(仲里依紗)もビルに取り残されていることが判明する。千晶には切迫早産のリスクがあった。絶望的な状況を前に、最愛の妹・涼香(佐藤栞里)を亡くしたかつての悲劇が脳裏によぎる喜多見は、もう誰も死なせないと決意する……。

「劇場版TOKYO MER 走る緊急救命室」の映像

「劇場版TOKYO MER 走る緊急救命室」の写真

「劇場版TOKYO MER 走る緊急救命室」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「劇場版TOKYO MER 走る緊急救命室」のスペック

基本情報
ジャンル アクション ドラマ
製作国 日本
製作年 2023
公開年月日 2023年4月28日
上映時間 128分
製作会社 劇場版『TOKYO MER』製作委員会(制作プロダクション:TBSテレビ)
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
公式サイト https://tokyomer-movie.jp/
コピーライト (C)2023 劇場版『TOKYO MER』製作委員会

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
2023年5月上・下旬合併号 UPCOMING 新作紹介 「劇場版TOKYO MER~走る緊急救命室~」
キネマ旬報増刊 キネマ旬報NEXT Vol.48 総力特集 横浜流星 SPECIAL ISSUE② Entertainment reflects society. エンタメは社会を映し出す。 鈴木亮平とジェシーが私たちに送るエール。「本物のヒーロー」とはだれか? 劇場版「TOKYO MER ~走る緊急救命室~」