マッチング

まっちんぐ
上映日
2024年2月23日

製作国
日本

制作年
2024
上映時間
110分

レーティング
一般映画
ジャンル
サスペンス・ミステリー ドラマ

check解説

恋人探し、婚活など、現代人に最も身近なツールとなったマッチングアプリ。そのアプリを通じて、他人と気軽に出会えるようになった現代だからこそ起こる<身近に潜む恐怖>を描いたサスペンス・スリラー。もしプロフィールがウソだったら? マッチングしたのが危険な人物だったら? 出会いの裏に、さまざまな罠が仕掛けられる。恋愛に奥手な主人公・輪花(りんか)を演じるのは土屋太鳳。金髪の狂気のストーカー、永山吐夢を演じるのは佐久間大介(Snow Man)。監督は「ミッドナイトスワン」で日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞したな内田英治。
映画館で観る
配信で観る
Blu-ray&DVDで観る
TVで観る

この作品のレビュー

映画専門家レビュー

  • ライター、編集
    岡本敦史
    マッチングアプリ利用者を標的とした連続殺人事件をめぐるサスペンスミステリーという... もっと見る
  • 映画評論家
    北川れい子
    内田英治監督の、観客を驚かせ、引っ張り回そうとする魂胆がミエミエのホラー系ミステ... もっと見る
  • 映画評論家
    吉田伊知郎
    角川ホラーとしてはVHSや携帯に較べるとマッチングアプリでは普遍性に欠ける。運営... もっと見る

ユーザーレビュー

  • ran

    SnowManの佐久間さんが出演しているけどアイドル映画だという訳ではなく、本格的なサスペンススリラーで、予想を超える展開で想像以上におもしろかったです。
    話の時系列がちょっと分かりにくい部分もあったけど、スピード感もあって最後まで目が離せない展開でした。
    見終わった後に、登場人物について色々考えさせられる作品でした。

「マッチング」のストーリー

ウェディングプランナーの仕事が充実している一方、恋愛に奥手な輪花(土屋太鳳)は、同僚に勧められ、渋々マッチングアプリに登録。この日を境に生活が一変する。マッチングした吐夢(佐久間大介)と待ち合わせると、現れたのはプロフィールとは別人のように暗い男。さらに、吐夢に出会ってから輪花のスマホの通知が鳴りやまない。「次いつ会えますか?」「次いつ会えますか?」「次いつ会えますか?」。恐怖を感じた輪花は、取引先でマッチングアプリ運営会社のプログラマー影山(金子ノブアキ)に助けを求めることに。同じ頃、“アプリ婚”した夫婦が惨殺される悲惨な事件が連続して発生。輪花を取り巻く人物たちの“本当の顔”が次々に明かされ、事件の魔の手が輪花に迫る。

「マッチング」の写真

「マッチング」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「マッチング」のスペック

基本情報
ジャンル サスペンス・ミステリー ドラマ
製作国 日本
製作年 2024
公開年月日 2024年2月23日
上映時間 110分
製作会社 「マッチング」製作委員会(制作:KADOKAWA)
配給 KADOKAWA
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
公式サイト https://movies.kadokawa.co.jp/matching/
コピーライト (C)2024『マッチング』製作委員会