シモキタブレイザー

しもきたぶれいざー
上映日
2024年2月16日

製作国
日本

制作年
2023
上映時間
71分

レーティング
PG-12
ジャンル
コメディ 青春 ドラマ

check解説

東京・下北沢を舞台にした痛快青春コメディ。愛犬の病気治療のため、闇バイトに手を染めたタトゥーアーティストのKENは、集められた仲間と宝石店強盗を決行する。その最中、軽い気持ちで盗んだレコードは、時価数億円を超える伝説のレコード『シモキタブレイザー』だった。出演は「東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編」二部作の佐藤嘉寿人。監督は下北沢出身の安藤光造(「灰色の壁 -大宮ノトーリアス-」)が務める。
映画館で観る
配信で観る
Blu-ray&DVDで観る
TVで観る

ユーザーレビュー

「シモキタブレイザー」のストーリー

タトゥーアーティストのKEN(佐藤嘉寿人)は、相棒のSMOKY(赤名竜乃介)が栽培する大麻を街で販売し、ギリギリの生活を送っていた。そんなある日、愛犬ブービーに異変が発生。慌てて病院に駆け込み、獣医の診断を受けたところ、悪性の腫瘍が見つかり、高額の手術代を提示されてしまう。手術代を稼ごうとする二人が何とか辿り着いたのは、ネットで見つけた闇バイトだった。同じく集められたBUZZ(青木謙)やSNOW(倉冨なおと)とともに、向かった先は宝石店。やけくその宝石強盗バイトの最中、KENはインテリアのレコードが気に入り、軽い気持ちで宝石と一緒に盗んでしまう。ところがそれは、時価数億円を軽く超える伝説のレコード『シモキタブレイザー』だった。やがて、『シモキタブレイザー』をめぐって、宝石店の極悪オーナー、ゴンダ(佐藤タダヤス)やシモキタ署の刑事、JINBEE(伊藤慶徳)、猫田(兒玉遥)らが動き出し……。

「シモキタブレイザー」の写真

「シモキタブレイザー」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「シモキタブレイザー」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ 青春 ドラマ
製作国 日本
製作年 2023
公開年月日 2024年2月16日
上映時間 71分
製作会社 モンキースパイス(企画:モンキースパイス/協力:長谷川トラストグループ)
配給 アルバトロス・フィルム
レイティング PG-12
アスペクト比 16:9
カラー/サイズ カラー
公式サイト https://shimokita-blazer.com/
コピーライト (C)2023 MONKEYSPICE.INC