長谷川初範 ハセガワハツノリ

  • 出身地:北海道紋別市
  • 生年月日:1955/06/21

略歴 / Brief history

北海道紋別市の生まれ。本名・長谷川初詔。北海道紋別北高校を卒業後、横浜放送映画専門学院(現・日本映画大学)演劇科で芝居を学び、卒業時の1977年に、学院長・今村昌平製作の舞台『ええじゃないか』の主演に抜擢される。78年、今村プロ製作、浦山桐郎監督のフジテレビ『飢餓海峡』に、若山富三郎演じる弓坂刑事とともに犯人を追う戸波刑事役で出演し、本格的に俳優デビューを果たす。80年のTBS『ウルトラマン80』でヒーローに変身する矢的猛役で主演をつとめ、フジテレビ『湖水祭』『君は海を見たか』82、NHK『真田太平記』82、TBS『妻の定年』83などのテレビドラマに多数出演する。82年、橋本忍監督「幻の湖」で映画初出演。以後も、東陽一監督「ザ・レイプ」82、「セカンド・ラブ」83、蔵原惟繕監督「南極物語」83などに出演するが、80年代後半に重度の喘息を患い、治療のため約2年間に渡って俳優業をセーブする。91年、フジテレビのヒットドラマ『101回目のプロポーズ』に主人公・武田鉄矢の恋敵役で出演し、再び注目を集める。前後して、鹿島勤監督のOV『静かなるドン』90~96でも存在感を示し、久々の映画出演となった長谷川計二監督「仁義」91以降、黒沢清監督「地獄の警備員」92、一倉治雄監督「国会へ行こう!」94、金子修介監督「ガメラ・大怪獣空中決戦」95など作品を重ねた。ダンディーな二枚目俳優として活躍しつつ、軍人、政治家などの権威者の役、またコミカルな役どころも得意とする。テレビドラマはほかに、フジテレビ『ウーマンドリーム』92、『ムコ殿』01、TBS『私ってブスだったの?』93、『女系家族』05、日本テレビ『終わらない夏』95、『三姉妹探偵団』98、テレビ朝日『熟年離婚』05、NHK『純情きらり』06、『行列48時間』09など多数。11年、実在の化学者・高峰譲吉の生涯を描いた市川徹監督「TAKAMINE/アメリカに桜を咲かせた男」に主演し、円熟味ある芝居を披露した。

長谷川初範の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • バラシファイト

    制作年: 2023
    舞台公演後に劇場内を現場復帰する撤収作業“バラシ”にスポットを当てたバトルアクション。終演後、打ち上げの参加権を賭けた“バラシファイト“が始まった。演出部の若手舞台監督・巴川健一は、打ち上げに参加する意味を見出せずに悩みながらも各部署と対峙する。出演は「八王子ゾンビーズ」の小澤雄太、「ウルトラマントリガー エピソードZ」の寺坂頼我。放送作家・演出家の開沼豊監督による劇場デビュー作。
  • シグナチャー 日本を世界の銘醸地に

    制作年: 2021
    「シグナチャー」とは、特別なワインに醸造責任者がサインを入れること。日本のワイン業界を牽引した麻井宇介(浅井昭吾)の後継者となり、日本を世界の銘醸地にするために奮闘する醸造家・安蔵光弘の半生を描いたヒューマンドラマ。主人公の安蔵を「ハルカの陶」の平山浩行が演じ、本作で映画初主演を飾った。妻の正子を演じた竹島由夏がパリ国際映画祭最優秀女優賞を受賞。その他、麻井宇介役に榎木孝明、安蔵光弘の上司役に徳重聡、山崎裕太、大鶴義丹、ソムリエの田邉公一など、豪華な顔ぶれが揃った。監督・脚本は「ウスケボーイズ」でも日本のワイン業界の革命を描いた柿崎ゆうじ。ニース国際映画祭で最優秀作品賞を受賞した。
  • リング・ワンダリング

    制作年: 2021
    初長編「アルビノの木」で注目を集めた金子雅和が、「君は永遠にそいつらより若い」の笠松将主演で贈る幻想譚。絶滅したニホンオオカミを題材に漫画を描こうとする草介はある夜、不思議な少女ミドリと出会い、いつもと違う東京の街に足を踏み入れる……。共演は「罪の声」の阿部純子、「私はいったい、何と闘っているのか」の安田顕。
  • しあわせのマスカット

    制作年: 2020
    第8回東宝「シンデレラ」オーディションでグランプリを受賞した福本莉子主演によるヒューマンドラマ。修学旅行で岡山県を訪れた高校生・春奈。高級ぶどう“マスカット・オブ・アレキサンドリア”を使った和菓子に魅せられ、その菓子を製造する会社に就職する。共演は「カツベン!」の竹中直人、「アルカナ ARCANA」の中河内雅貴。監督は「インターン!」の吉田秋生。
  • 君がまた走り出すとき

    制作年: 2018
    『SKIPシティ国際Dシネマ映画祭』15周年を記念し、地元である埼玉県川口市を舞台に制作されたヒューマンドラマ。日本人男性で初めて世界6大マラソンを走破した川口在住の市民ランナーの実話をモチーフに、人生に行き詰まった男女6人の出会いと再生を綴る。出演は「菊とギロチン」の寛一郎、「寝ても覚めても」の山下リオ、「ケアニン あなたでよかった」の菜葉菜、「えちてつ物語 わたし、故郷に帰ってきました。」の辻本祐樹、「破裏拳(はりけん)ポリマー」の長谷川初範、「あん」の浅田美代子、「ゆずの葉ゆれて」の松原智恵子。脚本を「25 NIJYU-GO」の岡芳郎、撮影を「覚悟はいいかそこの女子。」の栢野直樹、音楽を「触れたつもりで」の大橋征人が担当。監督は「4/猫 ねこぶんのよん」の中泉裕矢。SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018 オープニング作品。2019年2月8日よりMOVIX川口にて先行上映。
  • HiGH&LOW THE MOVIE 3 FINAL MISSION

    制作年: 2017
    EXILE TRIBEを中心に企画されたアクションシリーズの劇場版最終章。史上最大の敵・九龍グループの攻勢を受けて、壊滅的な被害を受けたSWORD地区。この危機に、SWORDを始め、対立していた男たちが集結し、九龍グループに戦いを挑む。「たたら侍」のAKIRA、『戦力外捜査官』のTAKAHIROらEXILE TRIBEのメンバーに加え、「後妻業の女」の津川雅彦、『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』の岸谷五朗など、豪華キャストが総出演。
    80