藤井フミヤ フジイフミヤ

  • 出身地:福岡県久留米市
  • 生年月日:1962年7月11日

藤井フミヤの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • チェッカーズ 1987 GO TOUR at 中野サンプラザ デジタルレストア版

      制作年: 2024
      1983年のデビューから1992年に解散するまで、日本の音楽シーンを席巻した伝説のバンド、チェッカーズが1987年に行った「GO」ツアーの東京・中野サンプラザでのコンサートを記録したドキュメンタリー。『Song for U.S.A.』『ジュリアに傷心』など全24曲を収録。全曲分の映像素材を4K画質相当の映像アップグレーディング、ドルビー・アトモス・ミックスの音声によるデジタルレストア版。2週間限定上映。
    • おにいちゃんのハナビ

      制作年: 2010
      白血病と闘いながら年に一度の花火に思いを託す少女とその兄の絆を、実話を基に映画化。数多くのTVドラマを演出、本作が初の劇場用長編映画となる国本雅広が監督を務める。出演は「ボックス!」の高良健吾、谷村美月、「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」の宮崎美子、「BOX 袴田事件 命とは」の大杉漣など。
    • クヌート

        制作年: 2008
        2006年にドイツ・ベルリン動物園で誕生、一躍人気者となったホッキョクグマ“クヌート”の成長を中心に、世界の様々な地域で逞しく生きるクマたちの生態に迫ったドキュメンタリー。日本版ナレーションを、歌手や俳優として活躍する藤井フミヤが担当した。北極では数週間前、1頭の母グマが三つ子を産んだ。これから3ヶ月の間、母親は一切、エサを食べることなく子育てに専念する。やがて巣穴を出た彼らは、エサを求めて60キロも離れた海を目指すが、体の弱かった1頭は厳しい自然に耐えられず命を落としてしまう……。一方、ドイツのベルリン動物園でも、ホッキョクグマの赤ちゃんが2頭誕生する。しかし、母グマは育児を放棄、1頭は生後わずか4日後に息を引き取った。残された1頭は“クヌート”と名付けられ、飼育係のトーマス・デルフラインの手によって育てられる。人工哺育はトーマスにとっても、ベルリン動物園にとっても初めての体験で、2時間置きにミルクを与え、排便を促し、体を洗ったりと大忙しの毎日。だが、クヌートはトーマスを本物の母親だと思っているのか、ヒグマやホッキョクグマの子供が安心している時に出す“笹泣き”をする。そんな中、ロシア・ベラルーシの森にも母親のいない双子のヒグマがいた。生後5ヶ月の彼らは母親が数日前に命を落としたことも知らず、母親の帰りを待っている。2頭は本能を頼りにエサを探すが、まだ幼い彼らに野性オオカミが襲いかかる……。その頃、ベルリン動物園ではクヌートが初めて外に出ることになった。500人もの報道陣と数千人のファンが世界中から押し寄せ、クヌートはたちまち動物園の人気者に。クヌートは環境保護大使にも任命されるが、その一方で、親グマが放棄した子グマを人間が育てるのは動物保護の考えに反する、という記事が出たことでドイツ国内外を巻き込んで大論争が起こる。北極、ベルリン、ベラルーシという異なる環境で懸命に生きるクマたちの運命は……?
      • 20世紀少年

        制作年: 2008
        「ビッグコミック スピリッツ」で8年間にわたって連載され、累計発行部数2000万部という超人気コミックを、全3部構成で映画化するプロジェクトの1作目。原作者である浦沢直樹とプロデューサーの長崎尚志も脚本に参加、他の脚本家は「HERO」の福田靖と「ROBO☆ROCK」の渡辺雄介。監督は、「明日の記憶」「自虐の詩」の堤幸彦。キャストは、ケンヂ役の唐沢寿明をはじめ、全3部で約300名もの出演者が揃うという。テーマ曲は、70年代のカリスマであるマーク・ボランが率いた伝説のロックバンドT.REXによる「20th Century Boy」。
        60
      • RED SHADOW 赤影

        制作年: 2001
        光ある平和の為に影となって働く若い忍者たちの活躍を、新感覚で描くビジュアル系時代活劇。監督は「STEREO FUTURE SF episode 2002」の中野裕之。横山光輝による原作キャラクターを基に、「東京★ざんすっ/ランニング・フリー」の斉藤ひろしと「STEREO FUTURE SF episode 2002」の木村雅俊が共同で脚本を執筆。撮影を「天国から来た男たち THE GUYS FROM PARADISE」の山本英夫が担当している。主演は「サトラレ TRIBUTE to a SAD GENIUS」の安藤政信。東映創立50周年記念作品。
        40
      • 劇場版 ポケットモンスター セレビィ 時を超えた遭遇

        制作年: 2001
        時を渡る不思議なポケモンを巡って、ポケモンマスターを目指すサトシとその相棒・ピカチュウたちが繰り広げる冒険を描いた長篇アニメーションのシリーズ第4作。監督は「PIKACHU THE MOVIE 2001 ピカチュウのドキドキかくれんぼ」の湯山邦彦。田尻智による原案を基に、「劇場版 ポケットモンスター 結晶塔の帝王」の園田英樹が脚本を執筆。撮影監督に「ピカチュウのドキドキかくれんぼ」の白井久男があたっている。声の出演に「METROPOLIS」の松本梨香、「~ピカチュウのドキドキかくれんぼ」の大谷育江、「みんなのいえ」の戸田恵子ら。また、ゲストとして「京極夏彦 怪 七人みさき」の佐野史郎、「どケチ ピーやん物語」の藤井隆、「Juvenile ジュブナイル」の鈴木杏が参加している。

      今日は映画何の日?

      注目記事