「カニバル・ブリザード 食人峠」がハードな無修正版で“肉の日”に配信スタート

 

アメリカ開拓史の闇として知られる〈ドナー隊事件〉を下敷きに、現代に巻き起こる新たな惨劇を描いた食人ホラー「カニバル・ブリザード 食人峠」。ハードな無修正版となって、“肉の日”の3月29日(金)に各種サービスで配信が始まった。

2月29日にYouTubeで実施した29時間限定配信では、予想を超える反響を呼び、29時間延長の“追い肉”配信に至った本作。そこで流れたのは修正が加えられ、エンドロールがカットされたマイルドバージョンだったが、このたび無修正のハードバージョンが公開される。

監督を務めたのは「アメリカン・スナイパー」などの女優として知られるエリース・ロバートソン。キャストは「パージ」「パワーレンジャー・RPM」のアデレード・ケインなど。喰うか喰われるか? 逃げ場なき雪の峠が鮮血に染まる夜を楽しみたい。

 

 

Story
1846年、ジョージ・ドナー率いる開拓者一団が雪のシエラネバダ山脈で立ち往生し、生き延びるために食人行為を余儀なくされた。
それから150年、7人のティーンエイジャーがスキー旅行で同地に到着。やがてメンバーの一人が死体で発見され、その半分は喰い荒らされていた。これはドナー隊の呪いなのか──。

 

「カニバル・ブリザード 食人峠」

監督:エリース・ロバートソン
出演:デジレ・ホール、エリック・ストックリン、コリー・ベイリー、アデレード・ケイン、ドミニク・デボア
アメリカ/2011年/86分/原題:Donner Pass
© 2011 DONNER PASS PRODUCTIONS, L.L.C. ALL RIGHTS RESERVED