ヒトラー 最期の12日間

ひとらーさいごのじゅうににちかん Downfall
上映日
2005年7月9日

製作国
ドイツ

制作年
2004
上映時間
155分

レーティング
ジャンル
歴史劇 社会派

check解説

独裁者アドルフ・ヒトラー率いるナチス党の最期の12日間の様子を描いた実話ドラマ。監督は「es」のオリヴァー・ヒルシュビーゲル。製作・脚本は「バイオハザード」シリーズ(製作のみ)のベルント・アイヒンガー。撮影は「es」のライナー・クラウスマン。出演は「クライシス・オブ・アメリカ」のブルーノ・ガンツ、「トンネル」のアレクサンドラ・マリア・ララ、「名もなきアフリカの地で」のユリアーネ・ケーラー、「バイオハザードIIアポカリプス」のトーマス・クレッチマンほか。2004年バンビ賞、2005年ドイツ・アカデミー賞最優秀男優賞、最優秀製作賞、観客賞など受賞。
映画館で観る
配信で観る
Blu-ray&DVDで観る
  • 【BD】ヒトラー~最期の12日間~ プレミアム・エディション(3枚組)

  • 【DVD】ヒトラー~最期の12日間~ ロング・バージョン(2枚組)

  • 【DVD】ヒトラー~最期の12日間~

  • 【BD】ヒトラー~最期の12日間~ Blu-ray

  • 【DVD】ヒトラー~最期の12日間~ エクステンデッド・エディション<終極BOX>

TVで観る

ユーザーレビュー

「ヒトラー 最期の12日間」のストーリー

1945年4月20日、ベルリン。迫りくるソ連軍から身を守るため、ナチス党総統アドルフ・ヒトラー(ブルーノ・ガンツ)は、ごく限られた身内や側近たちと共にドイツ首相官邸の地下にある要塞へ退却。ヒトラーの個人秘書であるトラウドゥル・ユンゲ(アレクサンドラ・マリア・ララ)もその中にいた。側近たちはすでに敗戦を確信していたが、客観的な判断能力を失っていたヒトラーだけが、不可能な大逆転の作戦について熱く語り続けていた。そんな中、ヒトラーの56回目の誕生日を祝福すべく、アルベルト・シュペーア軍需大臣(ハイノ・フェルヒ)が官邸を訪れる。その頃、ベルリン市内は地獄絵のような様相を呈していた。やがて側近たちの逃亡、裏切りが相次ぎ、ヒトラーは最終決戦を決意。すべての兵力を集結させるように指示する。しかしドイツ軍にそんな余力は残されていなかった。ついに敗北を覚悟したヒトラーは、愛人エヴァ・ブラウン(ユリアーネ・ケーラー)と質素な結婚式を済ませ、翌日、自室において2人でピストル自殺する。第三帝国の末路を見届けたユンゲは、数少ない生き残りと共に、地下要塞を後にするのだった

「ヒトラー 最期の12日間」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ヒトラー 最期の12日間」のスペック

基本情報
ジャンル 歴史劇 社会派
製作国 ドイツ
製作年 2004
公開年月日 2005年7月9日
上映時間 155分
製作会社 コンスタンチン・フィルム・プロダクション
配給 ギャガ
レイティング
カラー/サイズ カラー

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
2005年7月下旬号 特集 「ヒトラー ~最期の12日間~」 ブルーノ・ガンツインタビュー
特集 「ヒトラー ~最期の12日間~」 オリヴァー・ヒルシュビーゲル監督 インタビュー
特集 「ヒトラー ~最期の12日間~」 ドイツ国内外での反響
特集 「ヒトラー ~最期の12日間~」 作品評
2005年9月上旬号 劇場公開映画批評 ヒトラー~最期の12日間~
日本映画紹介/外国映画紹介 ヒトラー~最期の12日間~
2006年2月上旬号 DVDコレクション  第239回 「ヒトラー~最期の12日間~」
2006年11月上旬号 DVDコレクション 第286回 「ヒトラー~最期の12日間~」