モテキ

もてき
上映日
2011年9月23日

製作国
日本

制作年
2011
上映時間
118分

レーティング
一般映画
ジャンル
ラブロマンス

check解説

久保ミツロウの同名コミックを原作に、TV版でも監督を務めた大根仁が映画化。恋愛偏差値の低いさえない男が、突然訪れた“モテキ”に翻弄されながら、女性たちとの恋愛を通して成長していく様を描く。出演は「その街の子ども 劇場版」の森山未來、「冬の日」の長澤まさみ、「シーサイドモーテル」の麻生久美子、「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」の仲里依紗、「SP革命篇」の真木よう子。
映画館で観る
配信で観る
Blu-ray&DVDで観る
  • 【BD】モテキ 豪華版(2枚組)

  • 【BD】モテキ 通常版

  • 【DVD】モテキ 豪華版(2枚組)

  • 【DVD】モテキ 通常版

  • 【BD】モテキ Blu-ray BOX(5枚組)

TVで観る

ユーザーレビュー

「モテキ」のストーリー

31歳の藤本幸世(森山未來)は、金なし夢なし彼女なし。派遣会社を卒業し、ニュースサイトのライター職として新しい生活を踏み出そうとしているが、結局のところ新しい出会いもないまま。だがある日突然、“モテキ”が訪れた。キュートな雑誌編集者・みゆき(長澤まさみ)、清楚で素朴な年上OLるみ子(麻生久美子)、ガールズバーの美人店員・愛(仲里依紗)、美貌のSキャラ先輩社員・素子(真木よう子)というまったくタイプの異なる4人の美女の間で揺れ動く幸世。「こんなの初めてだ……今まで出会った女の子と全然違う。冷静になれっ、期待しちゃダメだぁ……」モテキの波を越えて、幸世は本当の恋愛にたどりつくことができるのか……。

「モテキ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「モテキ」のスペック

基本情報
ジャンル ラブロマンス
製作国 日本
製作年 2011
公開年月日 2011年9月23日
上映時間 118分
製作会社 「モテキ」製作委員会(製作 テレビ東京=東宝/共同製作 電通=講談社=ソニー・ミュージックエンタテインメント=オフィスクレッシェンド=パルコ=Yahoo!JAPAN=テレビ大阪=テレビ愛知)(製作プロダクション 東宝 映画企画部=オフィスクレッシェンド)
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 ドルビーSRD

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
2012年4月上旬号 MOVIE at HOME お家でDVD & Blu-Layを DVDコレクション 「モテキ」
2011年10月下旬特別号 REVIEW 日本映画&外国映画 公開作24作品、72本の批評 「モテキ」
2011年10月上旬号 UPCOMING 新作紹介 「モテキ」
臨時増刊9月22日号 KINEJUN next vol.04 特集「モテキ」
特集「モテキ」 Story & Data & Character
特集「モテキ」 Interview 森山未來
特集「モテキ」 Interview 長澤まさみ
特集「モテキ」 Interview 麻生久美子
特集「モテキ」 Interview 仲里依紗
特集「モテキ」 Interview 真木よう子
特集「モテキ」 Interview 久保ミツロウ[原作]
特集「モテキ」 Interview 大根仁[監督・脚本]
特集「モテキ」 Interview 川村元気[企画・プロデュース]
特集「モテキ」 Interview 露木友規枝[プロデューサー]
特集「モテキ」 Commentary モテ曲
特集「モテキ」 Commentary モテキワード
特集「モテキ」 Commentary テレビシリーズ全話解説
特集「モテキ」 Information: MOTEKI ACTOR & ACTRESSES UPCOMING!
特集「モテキ」 Review: 『モテキ』論
特別企画 「モテキ」を作った制作会社 オフィスクレッシェンドとは オフィスクレッシェンド制作新作紹介
2011年9月下旬特別号 特別企画 日本映画の秋を彩る女優たち 鈴木京香「セカンドバージン」、竹内結子「はやぶさ/HAYANUSA」、深田恭子「夜明けの街で」、満島ひかり「ラビット・ホラー3D」、長澤まさみ「モテキ」、榮倉奈々「アントキノイノチ」、谷村美月「サルベージ・マイス」
2011年8月上旬号 撮影現場ルポ 「モテキ」