奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール

おくだたみおになりたいぼーいとであうおとこすべてくるわせるがーる
上映日
2017年9月16日

製作国
日本

制作年
2017
上映時間
100分

レーティング
一般映画
ジャンル
ラブロマンス コメディ ドラマ

check解説

渋谷直角の同名コミックを原作に「モテキ」の大根仁監督が映画化。ライフスタイル誌編集部に異動になった35歳のコーロキ。ある日、男性すべての運命を狂わせると評判のファッションプレス・あかりに一目ぼれしたことで、希望と絶望が交錯する過酷な日々へと突入する。出演は「愚行録」の妻夫木聡、「高台家の人々」の水原希子、「葛城事件」の新井浩文、「百円の恋」の安藤サクラ、「PとJK」の江口のりこ、「恋妻家宮本」の天海祐希、「美しい星」のリリー・フランキー、「ジヌよさらば かむろば村へ」の松尾スズキ。
映画館で観る
配信で観る
Blu-ray&DVDで観る
  • 【BD】奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール Blu-ray 豪華版

  • 【DVD】奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール DVD 通常版

TVで観る

ユーザーレビュー

「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」のストーリー

“力まないカッコいい大人”奥田民生を崇拝する35歳のコーロキ(妻夫木聡)は、おしゃれライフスタイル雑誌編集部に異動。慣れない高度な会話に四苦八苦しながらも次第におしゃれピープルに馴染み、奥田民生のような男を目指していた。そんなある日、仕事で出会ったファッションプレスの美女・天海あかり(水原希子)に一目ぼれ。その出会いがコーロキにとって地獄の始まりとなるのだった。あかりに釣り合う男になろうと仕事に力を入れ、嫌われないようにデートにも必死になるが常に空回り。あかりの自由奔放な言動と行動に振り回され、コーロキはいつしか身も心もズタボロになってしまう……。

「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」のスペック

基本情報
ジャンル ラブロマンス コメディ ドラマ
製作国 日本
製作年 2017
公開年月日 2017年9月16日
上映時間 100分
製作会社 映画「民生ボーイと狂わせガール」製作委員会(製作プロダクション:ホリプロ=オフィスクレッシェンド/製作協力:東宝映画)
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 16:9
カラー/サイズ カラー/シネスコ
音量 5.1ch
公式サイト http://tamioboy-kuruwasegirl.jp/
コピーライト (C)2017「民生ボーイと狂わせガール」製作委員会

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
2017年10月上旬号 REVIEW 日本映画&外国映画 「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」
キネマ旬報増刊 キネマ旬報NEXT Vol.15 「ナラタージュ」 Special Closs Talk 恋する秋映画 「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」の妻夫木聡×水原希子が語り合いました!
2017年9月下旬号 「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」 インタビュー 大根仁[監督・脚本]
「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」 作品論
UPCOMING 新作紹介 「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」
2017年8月上旬号 監督×俳優 最強/注目コンビの話題作2017-2018 〈勢いが止まらない二人の監督〉大根仁×妻夫木聡 「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」
キネマ旬報増刊 キネマ旬報NEXT Vol.13 「忍びの国」 プレゼント ⑤「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」完成披露試写会
2016年7月下旬号 キネマ旬報が選ぶ みんなが観たい、いい映画55 「シン・ゴジラ」 「怒り」 「ハドソン川の奇跡」 「オーバー・フェンス」 「永い言い訳」 「ダゲレオタイプの女」 「淵に立つ」 「湯を沸かすほどの熱い愛」 「SCOOP!」 「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」 「スーサイド・スクワッド」 「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」 「Silence」 「ぼくのおじさん」 「イレブン・ミニッツ」 「ゴーストバスターズ」 「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」 「ジェイソン・ボーン」 「溺れるナイフ」 「シング・ストリート 未来へのうた」