映画版 ふたりエッチ セカンド・キッス

えいがばんふたりえっちせかんどきっす
上映日
2011年12月17日

製作国
日本

制作年
2011
上映時間
70分

レーティング
PG-12
ジャンル
ドラマ エロス

check解説

処女と童貞のまま結婚してしまった夫婦を中心に描く克・亜樹のラブコメディー漫画を実写映画化したシリーズ第2弾。結婚半年を経過した優良と真の間に持ち上がる性の悩みにまつわる騒動を描く。出演は「くノ一忍法帖 影ノ月」の森下悠里、「携帯彼氏」の岡田光、「ブレーキ」の谷桃子。監督は「クジラ 極道の食卓」の横山一洋。
映画館で観る
配信で観る
Blu-ray&DVDで観る
TVで観る

ユーザーレビュー

「映画版 ふたりエッチ セカンド・キッス」のストーリー

結婚して半年、相変わらず毎日のように優良(森下悠里)を求める真(岡田光)。だが、真のHはマンネリ化しているため、優良は満足できなくなっていた。心配した優良が、真の従姉妹、大宮杏子(谷桃子)の産婦人科医院を訪ねると、原因は身体ではなく気持ちの問題だと判明する。そしてまた、真の大学生の妹、淳(明日花キララ)も性の悩みを抱えていた。それは、付き合っている同級生の井上(福島彰吾)が、いつまでたっても自分を求めてこないという話だった。相談を受けた優良は、“いつも簡単に受け入れていると男の人は飽きてくるから……”。真を横目に淳にアドバイスする。そしてその日から、優良も真を拒むようになった。優良の気持ちを考えた真は、反省して3週間のH絶ちを宣言するのだが……。

「映画版 ふたりエッチ セカンド・キッス」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「映画版 ふたりエッチ セカンド・キッス」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ エロス
製作国 日本
製作年 2011
公開年月日 2011年12月17日
上映時間 70分
製作会社 「映画版 ふたりエッチ セカンド・キッス」製作委員会
配給 AMGエンタテインメント
レイティング PG-12
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 ステレオ

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
2011年12月下旬号 UPCOMING 新作紹介 「映画版 ふたりエッチ セカンド・キッス」

今日は映画何の日?

注目記事