地獄の戦場

じごくのせんじょう
上映日
1965年4月8日

製作国
アメリカ

制作年
1951
レーティング
ジャンル
戦争

check解説

「葡萄の季節」のマイケル・ブランクフォートのシナリオを「戦艦バウンティ」のルイス・マイルストーンが監督した戦争ドラマ。撮影は「捜索者」のウィントン・C・ホックとハリー・ジャクソン、音楽は「勝利者(1963)」のソル・カプランが担当した。出演は「長い船団」のリチャード・ウィドマーク、「戦闘」のジャック・パランス、「陽気のせいデス」のレジナルド・ガーディナー、「翼のリズム」のカール・マルデン、「リオ・コンチョス」のリチャード・ブーン、ほかにスキップ・ホメイヤー、ネヴィル・ブランドほか。製作はロバート・バスラー。
映画館で観る
配信で観る
Blu-ray&DVDで観る
  • 【DVD】地獄の戦場 [期間限定出荷]

  • 【DVD】地獄の戦場

  • 【DVD】地獄の戦場

  • 【DVD】地獄の戦場

TVで観る

ユーザーレビュー

「地獄の戦場」のストーリー

第二次世界大戦中、米海軍のある中隊が南太平洋のある島に上陸を敢行した。中隊長アンダソン(リチャード・ウィドマーク)は捕虜作戦を命じた。上陸後、ロケット砲の集中砲火をあび前進できなくなった。意外である。敵軍にロケット砲の装備はなかったはず。アンダソンは部下をジャングルに残して大隊本部に帰り、ギルフィラン大佐(リチャード・ブーン)と相談すると、翌日総攻撃を開始するから砲の所在地を確認しておくよう命令された。やがて捕えた捕虜の口からある高地の中腹にあるホラ穴に敵の将校と兵が潜んでいるという情報を得た。アンダソンは通訳のジョンソン軍曹(レジナルド・ガーディナー)を加え、敵地に進軍した。途中幾時間も続いた激戦の結果、コフマン(ロバート・ワグナー)らツワ者が相次いで戦死した。ついにホラ穴から敵軍の3人を捕虜にし、大隊本部にもどった。総攻撃まで1時間半を残すのみ、事態は急迫した。だがアンダソンはホラ穴で発見した地図をたよりに捕虜たちに巧みな誘導尋問をして、総攻撃が開始される数分前にロケット砲列の所在地を知った。まもなく海軍機の爆撃により紛糾された。

「地獄の戦場」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「地獄の戦場」のスペック

基本情報
ジャンル 戦争
製作国 アメリカ
製作年 1951
公開年月日 1965年4月8日
製作会社 20世紀フォックス映画
配給 20世紀フォックス
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ/スタンダード

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
1965年4月下旬号 外国映画紹介 地獄の戦場