エンド・オブ・ホワイトハウス

えんどおぶほわいとはうす Olympus Has Fallen
上映日
2013年6月8日

製作国
アメリカ

制作年
2013
上映時間
120分

レーティング
PG-12
ジャンル
アクション サスペンス・ミステリー

check解説

大統領を人質に取りテロリストが立てこもるホワイトハウスに、警備員がたった一人で立ち向かっていくアクション・サスペンス。監督は「クロッシング」「トレーニング デイ」のアントワーン・フークア。テロリストの手に落ちたホワイトハウスに一人潜入に成功した警備員を「英雄の証明」「300<スリーハンドレッド>」のジェラルド・バトラーが演じる。また、ジェラルド・バトラーはプロデューサーとしても本作に関わっている。ほか、「インビクタス/負けざる者たち」「ディープ・インパクト」のモーガン・フリーマン、「ダークナイト」「サスペクト・ゼロ」のアーロン・エッカート、「ザ・ファイター」「フローズン・リバー」のメリッサ・レオらが出演。
映画館で観る
配信で観る
TVで観る

この作品のレビュー

ユーザーレビュー

「エンド・オブ・ホワイトハウス」のストーリー

7月4日。それは、イギリスからの独立宣言が公布された、アメリカの独立記念日である。多くの人が独立を祝うこの翌日、ホワイトハウスの堅固なセキュリティが突破され、大統領を人質にアジア人テロリストが占拠するという事件が起こった。テロリストたちは、日本海域からの米国第七艦隊の撤収と核爆弾作動コードを要求。彼らはセキュリティを利用し、ホワイトハウスは特殊部隊の救出作戦をもはねつける難攻不落の要塞と化した。最悪の状況の中、一人の警備員が潜入に成功。彼は、かつて大統領専任のセキュリティ・サービスを務めていたが、大統領夫人を守りきれなかったために官邸周辺の警備員へと配置換えされたマイケル・バニング(ジェラルド・バトラー)。マイケルにこの未曽有の事態の解決への希望が託されたが、彼はまだテロリストたちの真の目的に気付いていなかった……。

「エンド・オブ・ホワイトハウス」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「エンド・オブ・ホワイトハウス」のスペック

基本情報
ジャンル アクション サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ
製作年 2013
公開年月日 2013年6月8日
上映時間 120分
製作会社 Millennium Films=Nu Image Films=West Coast Film Partners
配給 アスミック・エース
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
音量 ドルビーSRD
公式サイト http://end-of-whitehouse.com/
コピーライト (C)2013 Olympus Productions,Inc

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
2013年7月上旬号 REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評 「エンド・オブ・ホワイトハウス」
2013年6月下旬号 REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評 「エンド・オブ・ホワイトハウス」
キネ旬セレクト 「エンド・オブ・ホワイトハウス」
UPCOMING 新作紹介 「エンド・オブ・ホワイトハウス」