GANTZ:O

がんつおー
上映日
2016年10月14日

製作国
日本

制作年
2016
上映時間
96分

レーティング
PG-12
ジャンル
SF アクション バイオレンス

check解説

奥浩哉の人気コミック『GANTZ』の中から、「大阪編」と呼ばれるエピソードを3DCGアニメーションとして映画化。事故死した高校生・加藤勝は、謎の黒い球体“ガンツ”に命を与えられ、大阪の街で妖怪型の星人軍団“百鬼夜行”と死闘を繰り広げる。声の出演は『宇宙戦艦ヤマト2199』の小野大輔、『進撃の巨人』の梶裕貴、『サイボーグ009VSデビルマン』のM・A・O。総監督を『TIGER & BUNNY』のさとうけいいちが務め、実写版「GANTZ」のVFXを担当したデジタル・フロンティアがアニメーション制作を手掛ける。
映画館で観る
Blu-ray&DVDで観る
  • 【BD】「GANTZ:O」 豪華版

  • 【BD】「GANTZ:O」 通常版

  • 【DVD】「GANTZ:O」 通常版

TVで観る

ユーザーレビュー

「GANTZ:O」のストーリー

地下鉄で事件に巻き込まれ、命を落とした高校生の加藤勝(声:小野大輔)。次の瞬間、彼はマンションの一室にいた。そこで玄野(声:梶裕貴)というリーダーを亡くし、失意に沈む東京チームと出会う。彼らと共に転送された先は、東京ではなく、火の手が上がる大阪の街。そこで加藤は、命がけのサバイバルゲームに挑むことになる。曲者揃いの大阪チームとの遭遇。強力な妖怪型の星人軍団=百鬼夜行との戦闘。シングルマザーでありながら戦いに身を投じる大阪チーム、山咲杏(声:M・A・O)との出会い。様々な事態に翻弄されながらも、加藤はたった1人の家族である弟の下へ帰るため、死線を潜り抜けていく。やがて彼らの前に、大ボス“ぬらりひょん”が立ちはだかる……。

「GANTZ:O」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「GANTZ:O」のスペック

基本情報
ジャンル SF アクション バイオレンス
製作国 日本
製作年 2016
公開年月日 2016年10月14日
上映時間 96分
製作会社 「GANTZ:O」製作委員会(制作:デジタル・フロンティア)
配給 東宝映像事業部
レイティング PG-12
アスペクト比 16:9
カラー/サイズ カラー
公式サイト http://gantzo.jp/
コピーライト (C)奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
2017年2月上旬号 戯画日誌 第49回 快作「カバネリ」と勝手にベスト・テン!
2016年10月下旬号 UPCOMING 新作紹介 「GANTZ:O」

「GANTZ:O」を観ているあなたにおすすめの映画