LORO(ローロ) 欲望のイタリア

ろーろよくぼうのいたりあ LORO
上映日
2019年11月15日

製作国
イタリア

制作年
2018
上映時間
157分

レーティング
R-15
ジャンル
社会派 伝記 ドラマ

check解説

スキャンダルにまみれたイタリアの元首相シルヴィオ・ベルルスコーニをモデルに、「グランドフィナーレ」のパオロ・ソレンティーノ監督がメガホンを取った人間ドラマ。政敵に敗れ失脚したベルルスコーニは、怪物的な手腕で政権への返り咲きを虎視眈々と狙う。欲望を満たすためなら手段を選ばないベルルスコーニを「イル・ディーヴォ -魔王と呼ばれた男-」「グレート・ビューティー/追憶のローマ」などでソレンティーノ監督と組んできたトニ・セルヴィッロが演じる。また、ベルルスコーニの妻ヴェロニカに扮したエレナ・ソフィア・リッチは2019年ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞、2018年ナストロ・ダルジェント賞の最優秀女優賞に輝いた。第31回東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門上映作品(映画祭タイトル「彼ら」)。
映画館で観る
配信で観る
Blu-ray&DVDで観る
  • 【DVD】LORO 欲望のイタリア

TVで観る

この作品のレビュー

ユーザーレビュー

「LORO(ローロ) 欲望のイタリア」のストーリー

政治と金、マフィアとの癒着や職権乱用、女性問題に失言など、数々のスキャンダルで世間を騒がせたイタリアの元首相シルヴィオ・ベルルスコーニ(トニ・セルヴィッロ)は、政敵に敗れ失脚したものの、怪物的な手腕で政権への返り咲きを狙っている。そんな彼を政界進出の足掛かりにしようと、青年実業家のセルジョ(リッカルド・スカマルチョ)はベルルスコーニへの接近を画策。セクシーな美女を招いて贅の限りを尽くしたパーティで英気を養い、持ち前のセールストークで足場を固めていくベルルスコーニ。しかし政治家生命を揺るがす大スキャンダルが巻き起こる。

「LORO(ローロ) 欲望のイタリア」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「LORO(ローロ) 欲望のイタリア」のスペック

基本情報
ジャンル 社会派 伝記 ドラマ
製作国 イタリア
製作年 2018
公開年月日 2019年11月15日
上映時間 157分
配給 トランスフォーマー
レイティング R-15
カラー/サイズ カラー
公式サイト http://www.transformer.co.jp/m/loro/
コピーライト (C) 2018 INDIGO FILM PATHE FILMS FRANCE 2 CINEMA

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
2019年12月上旬号 REVIEW 日本映画&外国映画 「LORO 欲望のイタリア」
2019年11月下旬号 UPCOMING 新作紹介 「LORO 欲望のイタリア」