ミッドウェイ(2019)

みっどうぇい MIDWAY
上映日
2020年9月11日

製作国
アメリカ

制作年
2019
上映時間
138分

レーティング
一般映画
ジャンル
歴史劇 戦争 ドラマ

check解説

第二次世界大戦のなかでも激戦として知られるミッドウェイ海戦を「インデペンデンス・デイ」のR・エメリッヒ監督が映画化。日本軍による真珠湾への奇襲攻撃で打撃を受けた米軍は情報戦に注力。情報部のレイトン少佐が、次の目的地をミッドウェイと分析する。出演は、「デッドプール」のエド・スクライン、「アクアマン」のパトリック・ウィルソン、「ANNA アナ」のルーク・エヴァンス、「パラダイス・ネクスト」の豊川悦司、「狼煙が呼ぶ」の浅野忠信、「哭声/コクソン」の國村隼。
映画館で観る
Blu-ray&DVDで観る
TVで観る

この作品のレビュー

映画専門家レビュー

  • 映画・音楽ジャーナリスト
    宇野維正
    「ダンケルク」や「1917」の時代(本作のアメリカ公開は19年)に、ハリウッド大作のバジェット規模で、CGでの空中戦(それ自体はよく出来ているが)や戦勝国の軍人... もっと見る
  • ライター
    石村加奈
    エメリッヒ監督が、ドイツ人の責任感をもって描いたミッドウェイ海戦。20年かけた渾身作は「戦争は伝染する」という冒頭のメッセージから、最後の「海は全てを覚えている... もっと見る
  • 映像ディレクター/映画監督
    佐々木誠
    第二次世界大戦前夜、東京での山本五十六と後のアメリカ軍情報主任参謀・レイトンの対話から始まるので、双方の視点から描かれるミッドウェイ海戦を期待したが、やはりアメ... もっと見る

「ミッドウェイ(2019)」のストーリー

1941年12月7日(日本時間12月8日)、日本軍による真珠湾への奇襲攻撃が行われた。戦争の早期終結を狙う山本五十六大将(豊川悦司)の命を受け、山口多聞(浅野忠信)や南雲忠一(國村隼)がアメリカ艦隊を攻撃したのだ。大打撃を受けたアメリカ海軍は、兵士の士気高揚に長けたチェスター・ニミッツ(ウディ・ハレルソン)を新たな太平洋艦隊司令長官に立てる。両国の一歩も引かない攻防が始まるなか、日本本土を爆撃したアメリカ軍の脅威に焦る日本軍は、大戦力を投入した次の戦闘を計画する。アメリカ軍は真珠湾の反省から、暗号解読など情報戦に注力し、情報部のレイトン少佐(パトリック・ウィルソン)が次の目的地をミッドウェイと分析する。アメリカ軍は、限られた全戦力を逆襲に集中し、勝負を賭ける。アメリカ軍のカリスマパイロット、ディック(エド・スクライン)率いる爆撃機が出撃し、空母、軍艦、潜水艦、戦闘機など、あらゆる近代兵器を駆使した壮絶な激突の火蓋が切って落とされる……。

「ミッドウェイ(2019)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ミッドウェイ(2019)」のスペック

基本情報
ジャンル 歴史劇 戦争 ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2019
公開年月日 2020年9月11日
上映時間 138分
製作会社 AGC Studios
配給 キノフィルムズ/木下グループ
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
音量 5.1ch
公式サイト http://midway-movie.jp/
コピーライト Midway (C)2019 Midway Island Productions, LLC All Rights Reserved.

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
2020年11月上旬号 読者の映画評 「ミッドウェイ」河西俊/「ミッドウェイ」井上四郎/「海辺の映画館 キネマの玉手箱」須田総一郎
2020年9月下旬号 「ミッドウェイ」 インタビュー ローランド・エメリッヒ[監督・製作]
「ミッドウェイ」 寄稿
UPCOMING 新作紹介 「ミッドウェイ」
REVIEW 日本映画&外国映画 「ミッドウェイ」