ペイン・アンド・グローリー

ぺいんあんどぐろーりー PAIN AND GLORY
上映日
2020年6月19日

製作国
スペイン

制作年
2019
上映時間
113分

レーティング
R-15
ジャンル
ドラマ

check解説

アントニオ・バンデラスが、第72回カンヌ国際映画祭で主演男優賞を受賞したペドロ・アルモドバル監督作。孤独の中に深く潜り込む映画監督サルバドール。現実と回想を行き来しながら過去の痛みとの再会を経て、もう一度生きる力を呼び覚まそうとするのだが……。共演は「誰もがそれを知っている」のペネロペ・クルス、『あなたのママになるために』のアシエル・エチェアンディア、「人生スイッチ」のレオナルド・スバラーニャ。
映画館で観る
配信で観る
Blu-ray&DVDで観る
  • 【BD】ペイン・アンド・グローリー

TVで観る

この作品のレビュー

映画専門家レビュー

  • 映画評論家
    小野寺系
    世界的映画監督が、肉体の衰えや病気、心の傷にさいなまれながら、モチベーションを維... もっと見る
  • 映画評論家
    きさらぎ尚
    記憶と創造でつづるある映画監督の告白的人生論だ。少年時代の性の目覚め、恋人との情... もっと見る
  • 映画監督、脚本家
    城定秀夫
    どこまでがアルモドバル監督のパーソナルなのかは定かではないが、自伝的要素の強い作... もっと見る

ユーザーレビュー

「ペイン・アンド・グローリー」のストーリー

脊椎の痛みから創作意欲も果て、生きがいを見出せなくなった世界的映画監督サルバドール(アントニオ・バンデラス)。心も体も疲れ果て、引退同然の毎日を過ごすなか、サルバドールは自身の記憶をたどっていく……。子供時代と母親、その頃移り住んだバレンシアの村での出来事、マドリッドでの恋と破局。その痛みは、サルバドールの中に今も消えることなく残っていた。そんな折、32年前に撮影し、長らく封印されていた作品の上映依頼が彼のもとに届く。思わぬ再会が心を閉ざしていたサルバドールを過去へと翻らせ、彼の心にもう一度生きる力を呼び覚ましてゆく……。

「ペイン・アンド・グローリー」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ペイン・アンド・グローリー」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 スペイン
製作年 2019
公開年月日 2020年6月19日
上映時間 113分
配給 キノフィルムズ
レイティング R-15
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 5.1ch
公式サイト http://pain-and-glory.jp/
コピーライト (C)El Deseo.

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
2021年3月上旬号 MOVIE at HOME ●DVD COLLECTION 「ペイン・アンド・グローリー」/ペドロ・アルモドバルBlu-ray BOX
2021年2月下旬 キネマ旬報ベスト・テン発表特別号 2020年 第94回 キネマ旬報ベスト・テン&個人賞 外国映画ベスト・テン
2020年7月上旬号 REVIEW 日本映画&外国映画 「ペイン・アンド・グローリー」
2020年6月下旬号 カンヌが愛する作家たち アルモドバルとダルデンヌ兄弟 About ペドロ・アルモドバル/「ペイン・アンド・グローリー」
UPCOMING 新作紹介 「ペイン・アンド・グローリー」

今日は映画何の日?

注目記事