14歳の栞

じゅうよんさいのしおり
上映日
2021年3月5日

製作国
日本

制作年
2021
上映時間
120分

レーティング
一般映画
ジャンル
青春

check解説

ある中学校の3学期、2年6組の生徒35 人に密着し、“誰もが通ってきたのに、まだ誰も観ることができなかった景色”を映し出す青春リアリティ映画。誰もが私たちと同じように分かりにくい問題にぶつかる姿を見ているうち、赤の他人が自分と重なってくる。ナレーションを担当するのは、「誰も知らない」のYOU。監督は短編映画「ハロー!ブランニューワールド」で注目を集めた竹林亮。主題歌はクリープハイプの『栞』。
映画館で観る
配信で観る
Blu-ray&DVDで観る
TVで観る

ユーザーレビュー

「14歳の栞」のストーリー

あの頃、一度も話さなかったあの人は、何を考えていたんだろう……? ある中学校の3学期、2年6組の生徒35人全員に密着し、一人一人の物語を紐解いていく。そこには、劇的な主人公もいなければ、大きなどんでん返しもない。学校で眠ってばかりいるのに、家ではお菓子作りに勤しんでいる男子。お調者でうるさいのに、デートの場では全く話をしない男子。“キャラを変えたい。できれば子供からやり直したい”と嘆く地味で無口な女子……。そこには、非行少年も、家出少女も登場しない。しかしその誰もが、今の私たちと同じように、わかりにくい問題にぶつかり、解決の仕方もあいまいなまま、前へ進んでいく。赤の他人であるはずなのに、一人一人にどこか自分が重なり、気づけば目が離せなくなっている。あの頃、私たちはどんな人が好きで、どんな人が嫌いで、何に傷つき、何に悩み、何を決意し、何を夢見ていたのか。そんな記憶と感情が、次々と溢れ返ってくる。この映画には“誰もが通ってきたのに、まだ誰も見たことがなかった景色”があり、普通の映画を観るのとは全く違う、心のタイムマシーンに乗るような体験が待っている。すべてが慌ただしい世の中だからこそ、一度立ち止まり、いつでもあの頃の気持ちを振り返る“栞”をはさんでもらうため……。

「14歳の栞」の写真

「14歳の栞」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「14歳の栞」のスペック

基本情報
ジャンル 青春
製作国 日本
製作年 2021
公開年月日 2021年3月5日
上映時間 120分
製作会社 チョコレイト(企画:チョコレイト)
配給 パルコ
レイティング 一般映画
アスペクト比 16:9
カラー/サイズ カラー
公式サイト https://14-shiori.com/

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
2021年3月上旬号 UPCOMING 新作紹介 「14歳の栞」

「14歳の栞」を観ているあなたにおすすめの映画

今日は映画何の日?

注目記事