ムーンライト・シャドウ

むーんらいとしゃどう
上映日
2021年9月10日

製作国
日本

制作年
2021
上映時間
92分

レーティング
一般映画
ジャンル
ラブロマンス ドラマ

check解説

吉本ばななの短編小説を「糸」の小松菜奈主演で映画化。恋人の突然の死に向き合えず、深い哀しみに打ちひしがれるさつきは、以前耳にした“月影現象”に導かれていく。それは、満月の夜の終わりに死者ともう一度会えるかもしれないという不思議な現象だった。共演は「his」の宮沢氷魚、「#ハンド全力」の佐藤緋美。監督は「Malu 夢路」のエドモンド・ヨウ。
映画館で観る
Blu-ray&DVDで観る
TVで観る

ユーザーレビュー

「ムーンライト・シャドウ」のストーリー

長い橋の下に広がる河原で出会ったさつき(小松菜奈)と等(宮沢氷魚)は、恋に落ち、付き合うまでに時間はかからなかった。等には3つ下の弟・柊(佐藤緋美)がいて、柊にはゆみこという恋人(中原ナナ)がいた。初めて4人で会ったときから意気投合し、自然と一緒に過ごす時間が増えていく。食事をしたり、ゲームをしたり……。ゆみこが気になっているという“月影現象”について、「もしも現実に月影現象が起きたら、誰に一番会いたいか」を語りあったりもした。そんな穏やかで幸せな日々が過ぎていくが、別れは前触れもなくやってくる。等とゆみこが死んだ……。深い哀しみに打ちひしがれるさつきと柊。現実を受け止めきれず、ショックで食べることも忘れ、さつきはひたすら走り続ける。そんなさつきを心配しながら、柊はゆみこの制服を着て何かを感じようとする。ある日、不思議な女性・麗(臼田あさ美)と出会った2人は、少しずつ“生きていく”という日常を取り戻し始め、やがて、以前4人で語り合った“月影現象”に導かれていくのだった。もう一度、会いたい、会いに来てほしい──。それは、満月の夜の終わりに死者ともう一度会えるかもしれないという不思議な現象だった……。

「ムーンライト・シャドウ」の映像

「ムーンライト・シャドウ」の写真

「ムーンライト・シャドウ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ムーンライト・シャドウ」のスペック

基本情報
ジャンル ラブロマンス ドラマ
製作国 日本
製作年 2021
公開年月日 2021年9月10日
上映時間 92分
製作会社 映画「ムーンライト・シャドウ」製作委員会(メ~テレ=S・D・P=CHIPAMGU=エレファントハウス)(制作プロダクション:MAN FILM/制作協力:コギトワークス)
配給 エレファントハウス
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
公式サイト http://moonlight-shadow-movie.com/
コピーライト (C)2021 映画『ムーンライト・シャドウ』製作委員会

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
2021年9月下旬特別号 グラビアインタビュー 小松菜奈&宮沢氷魚 「ムーンライト・シャドウ」
UPCOMING 新作紹介 「ムーンライト・シャドウ」