愛する人に伝える言葉

あいするひとにつたえることば PEACEFUL
上映日
2022年10月7日

製作国
フランス

制作年
2021
上映時間
122分

レーティング
一般映画
ジャンル
ドラマ

check解説

フランスを代表する女優カトリーヌ・ドヌーヴと、本作でセザール賞最優秀主演男優賞を受賞したブノワ・マジメル共演によるヒューマンドラマ。癌を宣告された主人公とその母親が、限られた時間のなかで人生の整理をしながら、穏やかに死と対峙していく過程を見つめる。共演は「永遠のジャンゴ」のセシル・ド・フランス。監督は「太陽のめざめ」のエマニュエル・ベルコ。
映画館で観る
配信で観る
Blu-ray&DVDで観る
TVで観る

この作品のレビュー

映画専門家レビュー

  • 映画監督/脚本家
    いまおかしんじ
    だんだん人が死んでいくのを見るのはツラかった。末期ガン患者の話。否応無く深刻になってしまう。主人公の男はひねくれている。強がったり甘えたりめんどくさい奴だ。先生... もっと見る
  • 文筆家/女優
    唾蓮みどり
    残された余命の中で、どう生きるのか、そしてどう死にゆくのか。「何も成し遂げなかった」と嘆く主人公の身体は、医者や看護師、母親に優しく見守られながら、季節とともに... もっと見る
  • 映画批評家、東京都立大助教
    須藤健太郎
    他人の死に付き添う。E・ベルコは「演劇」という枠組みを導入することで、この途方もない仕事を理解しようとしている。コンセルヴァトワールを目指す若者たちに演技指導す... もっと見る

「愛する人に伝える言葉」のストーリー

人生半ばで膵臓癌を宣告されたバンジャマン(ブノワ・マジメル)は、母・クリスタル(カトリーヌ・ドヌーヴ)とともに、業界でも名医として知られるドクター・エデ(ガブリエル・サラ)を訪れる。彼に一縷の希望を託す母子だったが、エデはステージ4の膵臓癌は治せないと2人に率直に告げる。ショックのあまり自暴自棄になるバンジャマンに対し、エデは病状の緩和による生活の質を維持するために化学療法を提案し、「一緒に進みましょう」と励ますのだった。ドクター・エデの助けを借り、クリスタルは息子の最期を出来る限り気丈に見守ることを決意するのだが……。

「愛する人に伝える言葉」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「愛する人に伝える言葉」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 フランス
製作年 2021
公開年月日 2022年10月7日
上映時間 122分
製作会社 Les Films du Kiosque=STUDIOCANAL=France 2 Cinema=SCOPE Pictures
配給 ハーク=TMC=SDP
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
音量 5.1ch
公式サイト https://hark3.com/aisuruhito/
コピーライト (C)Photo 2021 : Laurent CHAMPOUSSIN - LES FILMS DU KIOSQUE

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
2022年10月下旬号 「愛する人に伝える言葉」 インタビュー エマニュエル・ベルコ[監督・脚本]
「愛する人に伝える言葉」 エッセイ
「愛する人に伝える言葉」 コラム
REVIEW 日本映画&外国映画 「愛する人に伝える言葉」
UPCOMING 新作紹介 「愛する人に伝える言葉」