あの娘は知らない

あのこはしらない
上映日
2022年9月23日

製作国
日本

制作年
2022
上映時間
76分

レーティング
一般映画
ジャンル
ドラマ

check解説

「溶ける」でカンヌ国際映画祭のシネフォンダシオンに選出された井樫彩が、オリジナル脚本で挑んだ喪失と再生の物語。海辺の町で旅館を経営する中島奈々は、亡き恋人の足跡を辿る宿泊客・藤井俊太郎の案内役を買って出る。共に行動するようになった2人は……。出演は「サバカン SABAKAN」の福地桃子、「キングダム2 遥かなる大地へ」の岡山天音。
映画館で観る
Blu-ray&DVDで観る
TVで観る

この作品のレビュー

映画専門家レビュー

  • 脚本家、映画監督
    井上淳一
    高校時代、同性に告白したことを未だに揶揄される主人公がどうしてその土地に留まっているか分からない。遺された旅館のためなのだろうが、それへの拘りも見えない。映画で... もっと見る
  • 日本経済新聞編集委員
    古賀重樹
    恋人を亡くした旅人と両親を亡くした旅館の女主人による海辺の町での喪の作業。ほとんど二人の会話だけで押し切ってしまうところに井樫彩監督の潔さと力量を感じる。恋人や... もっと見る
  • 映画評論家
    服部香穂里
    亡き恋人が最後に見た情景にふれたいと願う旅人と、幼い頃に亡くなった家族に代わり、若くして旅館を切り盛りする女性。シチュエーションは多彩に、ほぼふたりの対話のみで... もっと見る

「あの娘は知らない」のストーリー

まだ若い中島奈々(福地桃子)が海辺の町で営む旅館・中島荘。休業中の9月上旬、ひとりの青年・藤井俊太郎(岡山天音)が、“どうしても泊めてほしい”と訪ねてくる。一年前、亡くなる直前の恋人がこの旅館に宿泊していたと語る俊太郎。その恋人のことを、すぐに思い出した奈々は、“笑顔が印象的でした”と振り返る。俊太郎は恋人の死を理解するため、その足跡を辿って彷徨うように、昼も夜も町や海を歩き回る。そんな俊太郎の姿を目にした奈々は、案内役を買って出て、いつしか彼と行動を共にするようになるが……。

「あの娘は知らない」の写真

「あの娘は知らない」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「あの娘は知らない」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2022
公開年月日 2022年9月23日
上映時間 76分
製作会社 レプロエンタテインメント=東放学園映画専門学校(制作プロダクション:マグネタイズ)
配給 アーク・フィルムズ=レプロエンタテインメント
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 5.1ch
公式サイト https://anoko.lespros.co.jp/
コピーライト (C)LesPros entertainment

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
2022年10月下旬号 REVIEW 日本映画&外国映画 「あの娘は知らない」
2022年10月上旬号 グラビアインタビュー 福地桃子 「あの娘は知らない」
UPCOMING 新作紹介 「あの娘は知らない」