燃えあがる女性記者たち

もえあがるじょせいきしゃたち WRITING WITH FIRE
上映日
2023年9月16日

製作国
インド

制作年
2021
上映時間
93分

レーティング
一般映画
ジャンル
社会派

check解説

第94回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞ノミネートなど、各国の映画祭を席巻したドキュメンタリー。インド北部、被差別カーストの女性たちが立ち上げた新聞社『カバル・ラハリヤ』。偏見や暴力に怯むことなく、独自のニュースを伝え続ける彼女たちの姿を追う。山形国際ドキュメンタリー映画祭2021では『燃え上がる記者たち』のタイトルで上映され市民賞を受賞。リントゥ・トーマス&スシュミト・ゴーシュによる長編監督デビュー作。
映画館で観る
配信で観る
Blu-ray&DVDで観る
TVで観る

ユーザーレビュー

「燃えあがる女性記者たち」のストーリー

インド北部のウッタル・プラデーシュ州で、アウトカーストとして差別を受けるダリトの女性たちが立ち上げた新聞社『カバル・ラハリヤ』。独立した草の根メディアとして、大手メディアが注目しない農村の生活や開発など地方自治の問題を報道し続けている。そんななか、紙媒体からSNS、YouTubeの発信を主とするデジタルメディアとして新しい挑戦がスタート。ペンをスマートフォンに持ちかえた記者たちは、貧困と階層、そしてジェンダーという多重の差別や偏見、さらには命の危険すらある暴力的な状況のなか、怯まず粘り強く小さな声を取材し続ける。知識も経験も豊富な主任記者のミーラは、ニュースのデジタル化に戸惑う仲間を励ましながらも、自身の子育てと夫の無理解に苦慮している。有望記者のスニータは、意欲も能力も十分だが、家族と世間からの結婚の圧力に疲弊し、新人のシャームカリは、自分の取材力に自信が持てなくなっていた。それぞれの悩みを抱えながらも次第に記者としての取材方法を獲得していった彼女たちは、次々と生活の問題の先にある反社会勢力の存在や警察の怠慢などを明らかにする。そして迎えた地方選挙。女性記者たちは、その最前線の取材へと飛び込んでゆくのだった……。

「燃えあがる女性記者たち」の映像

「燃えあがる女性記者たち」の写真

「燃えあがる女性記者たち」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「燃えあがる女性記者たち」のスペック

基本情報
ジャンル 社会派
製作国 インド
製作年 2021
公開年月日 2023年9月16日
上映時間 93分
製作会社 Black Ticket Films
配給 きろくびと
レイティング 一般映画
アスペクト比 16:9
カラー/サイズ カラー
公式サイト https://writingwithfire.jp/
コピーライト (C)BLACK TICKET FILMS. ALL RIGHTS RESERVED.

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
2023年9月号 次世代への映画推薦委員会 今月の推薦作品 「燃えあがる女性記者たち」