ハンガー・ゲーム0の映画専門家レビュー一覧

ハンガー・ゲーム0

世界的にメガヒットを記録した「ハンガー・ゲーム」シリーズの前日譚。最後の1人になるまで殺し合いを行なう催し“ハンガー・ゲーム”。記念すべき第10回、プレイヤーの教育係に任命された18歳のスノーが担当するのは、第12地区のひ弱な少女ルーシーだった。出演は、イギリス出身の俊英トム・ブライス、「ウエスト・サイド・ストーリー」のレイチェル・ゼグラー、「シラノ」のピーター・ディンクレイジ。「ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション」に続きフランシス・ローレンスが監督を務める。
  • 翻訳者、映画批評

    篠儀直子

    現実の世界情勢をいかようにも重ねて読めるのがこのシリーズのよさで、トム・ブライスの端整な容姿のせいもあり、今回はそこにシェイクスピア劇かギリシア悲劇みたいな要素が加わった(ちなみにV・デイヴィスの役名は、シェイクスピア『コリオレイナス』の主人公の母と同じ)。さらにR・ゼグラーの参加で歌物ミュージカルの魅力がプラスされ、悲恋はどこか「ウエスト・サイド・ストーリー」っぽい雰囲気に。彼女の圧倒的な歌声は、それだけで民衆を蜂起させて専制政治を打倒しそう。

  • 編集者/東北芸術工科大学教授

    菅付雅信

    大ヒットシリーズ「ハンガー・ゲーム」第1話の64年前の前日譚。のちに全体主義国家パネムの独裁者となるスノーの若き日が描かれ、彼がゲームに参加する少女との許されぬ恋が話を盛り上げる。ダークSFはその荒唐無稽さにシラけることが多いのだが、本作は主演トム・ブライス、レイチェル・ゼグラーの熱演に心奪われる。ブライスの純粋さと狂気、歌姫を演じるゼグラーの破格の歌唱力。「ハンガー」前日譚はSFの衣を借りたエモーショナルな青春映画としての輝きがある。

  • 俳優、映画監督、プロデューサー

    杉野希妃

    原作を読んでいない上に「ハンガー・ゲーム」シリーズを一作も見ていないので比較のしようがないが、本作のサバイバルに物足りなさを感じるのは、ゲーム参加者たちのなんとしてでも生き抜きたいという思いがあまり伝わってこないからか。3幕構成の最終幕でピュアだったスノーが権力者に変貌する過程が描かれる。彼の一人相撲よりも、スノーとルーシー・グレイのすれ違いをもっと丁寧に描いてほしかった。レイチェル・ゼグラーの歌声が圧巻。肝心の物語よりも彼女の歌のほうが印象深い。

1 - 3件表示/全3件