白井晃 シライアキラ

  • 出身地:大阪府
  • 生年月日:1957/05/21

略歴 / Brief history

大阪府の生まれ。府立天王寺高校卒業後の浪人時代に、京都大学の西部講堂で初めて生の演劇に出会い、演劇の世界に惹かれていく。その後、いったん入学した大学で早稲田大学演劇研究会のステージを観劇し、そのレベルの高さに感化されて、改めて早稲田大学を受験。早大演劇研究会に入部して、演劇への造詣を深めた。大学卒業後は広告代理店に勤務しながら、演劇研究会で一緒だった高泉淳子らとともに、1983年、劇団“遊◎機械/全自動シアター”を結成。旗揚げ公演『忘れ標識、誰が僕』を上演する。以後、役者を兼ねる作・演出家として、家族をテーマとする喜劇・音楽劇を多く創作。特に第5回公演の『僕の時間の深呼吸・ぼくは夜中に台所でこっそり懐中時計を呑みこんだ』86が好評を博し、一躍注目を浴びる。同世代の劇作家・三谷幸喜との交流から、その後は俳優として映像ジャンルにも進出し、三谷脚本のフジテレビ『王様のレストラン』95で演じたソムリエの大庭金四郎役でお茶の間に広く知られるようになる。劇団では演出だけでなく出演もしていた白井だったが、自分の芝居を映像で見た時にはかなり落ち込んだという。しかし、本人の思いとは裏腹に俳優としての評価は高まり、以降も三谷作品などを中心に多くの映画、ドラマに出演することになる。96年の井坂聡監督「[Focus]」の盗撮マニアを取材するテレビディレクター役で映画初出演。一癖ある難役を巧みに演じられる存在として、その後も井坂監督「破線のマリス」00、「象の背中」07、三谷監督「みんなのいえ」01などで貴重なポジションを確立している。テレビドラマも、フジテレビ『正義は勝つ』95、『WITH LOVE』『世界で一番パパが好き』98、『HR』02、NHK『毛利元就』97、『新選組!』04、『篤姫』08、テレビ朝日『ゴンゾウ・伝説の刑事』08など多数。舞台でも高い水準の仕事を続け、2001年の『ムーン・パレス』、02年の『ピッチフォーク・ディズニー』で読売演劇大賞の優秀演出家賞を連続受賞している。『クラブ・オブ・アリス』02を最後に“遊◎機械/全自動シアター”は解散するが、その後も精力的に舞台活動に励み、演出家としての実力・声望を高める。10年、堀北真希主演の舞台『ジャンヌ・ダルク』を演出。繊細な人間描写とスペクタクルなアクションを見事に融合させて、その手腕の高さを見せた。

白井晃の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 謝罪の王様

    制作年: 2013
    「舞妓Haaaan!!!」「なくもんか」に続く、脚本・宮藤官九郎、主演・阿部サダヲ、監督・水田伸生によるコメディ。架空の職業“謝罪師”を生業とする男が、ケンカの仲裁から政府を巻き込んだ国家存亡の危機まで、様々な事件を謝罪しながら解決していく姿を描く。共演は「八日目の蝉」の井上真央、「アントキノイノチ」の岡田将生、「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」の尾野真千子。
    60
  • 天地明察

    制作年: 2012
    「おくりびと」で第81回アカデミー賞外国語映画賞を獲得した滝田洋二郎監督が、第31回吉川英治文学新人賞および第7回本屋大賞を受賞した冲方丁による同名ベストセラー小説(角川書店刊)を映画化。江戸時代前期に星の観測をもとに膨大な計算をし、改暦の大事業に挑戦した安井算哲(後の渋川春海)の姿を描いた時代劇。脚本は滝田洋二郎監督と「クライマーズ・ハイ」の加藤正人。出演は「花よりもなほ」の岡田准一、「ツレがうつになりまして。」の宮崎あおい、「麒麟の翼~劇場版・新参者~」の中井貴一、「十三人の刺客」の松本幸四郎ほか。作曲家の久石譲が「おくりびと」に続いて再び滝田監督とタッグを組み音楽を担当している。
    70
  • すべては海になる

    制作年: 2009
    「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」の佐藤江梨子と「誰も知らない」でカンヌ映画祭男優賞受賞の柳楽優弥が共演。書店員の女性と男子高校生という、心に傷を負い、“本”を心の拠り所に生きる歳の離れた2人が繰り広げるラブストーリー。監督は『時効警察』などの脚本家として知られる山田あかね。原作も同氏の同名小説。
    70
  • 象の背中

    制作年: 2007
    48歳という若さで余命半年を宣告された男が、延命治療を拒否して自身の半生と現在を振り返るヒューマン・ドラマ。トレンドメーカーとして知られる秋元康が初めて手掛けた新聞連載の長編小説を、「g@me.」の井坂聡が監督。主演は、「SAYURI」「バベル」などの役所広司。その妻役には本作が20年ぶりの映画出演となる今井美樹。
    50
  • cherry pie チェリーパイ

    制作年: 2006
    恋する人を亡くした新米女性パティシエら、3人の若い女性の恋と仕事と友情を描く。監督はCMやPVで活躍する井上春生。主演は「間宮兄弟」の北川景子。
  • 伝説のワニ ジェイク

    制作年: 2002
    2001年に放映された、心にエアポケットが出来た時に現れると言うワニを目撃した世界各地の人々の証言をルポルタージュ風に綴ったテレビ・シリーズを、劇場用に再編集したドラマ。監督は「ジョゼと虎と魚たち」の犬童一心。シャノン・K・イヌヤマ(犬童一心、山草鶉子)による同名絵本を基に、犬童監督自身が脚色。撮影を「ジョゼと虎と魚たち」の蔦井孝洋が担当している。主演は「この世の外へ クラブ進駐軍」の村上淳。