田中圭 タナカケイ

  • 出身地:東京都江東区
  • 生年月日:1984/07/10

略歴 / Brief history

東京都江東区の生まれ。中学3年の時にホリプロ主催の“21世紀ムービースターオーディション”に応募し、最終選考で落選するが、その際に現在の所属事務所にスカウトされて芸能界入り。2000年、任天堂のゲームソフト『マリオパーティー3』のCMでデビューしたのち、02年の園子温監督「自殺サークル」で映画初出演も果たす。翌03年、フジテレビ『ウォーターボーイズ』に、山田孝之扮する主人公の親友・安田孝役でゲスト出演し、これ以降、映画・テレビドラマへの出演機会を増やしていく。土井裕泰監督「いま、会いにゆきます」04、君塚良一監督「容疑者・室井慎次」05、佐藤祐市監督「シムソンズ」06などの映画に助演する一方、ドラマでは、TBS『世界の中心で、愛をさけぶ』04、『汚れた舌』05、『白夜行』06、『タイヨウのうた』06、フジテレビ『優しい時間』『スローダンス』05、『僕の歩く道』06などで次第に重要な役どころも任されるようになり、若手実力派としての地歩を固める。素朴で純粋さを感じさせるルックスから、個性的なメインキャストよりも、それを周りから支える脇役に配されることが多いが、06年には、漫画家の江川達也が自ら監督をつとめて自作を映画化した「東京大学物語」で主人公の村上直樹役に挑戦。ヒロインの三津谷葉子とともに、思春期の性への渇望と葛藤を大胆に熱演する。翌07年の堤幸彦監督「包帯クラブ」でも思春期特有の揺れ動く心境に加え、複雑な秘密を抱えた難役を好演。同年の岩松了演出のミュージカル『死ぬまでの短い時間』では初舞台も経験し、映像での演技とは異なる表現方法を体得、俳優としてステップアップを遂げた。テレビドラマはほかに、TBS『冗談じゃない!』07、『魔王』08、フジテレビ『牛に願いを/Love&Farm』07、『無理な恋愛』08、『外交官・黒田康作』『それでも、生きてゆく』『私が恋愛できない理由』11、NHK『キャットストリート』08、『チェイス・国税査察官』10、『おひさま』11、テレビ朝日『秘密』10、日本テレビ『美咲ナンバーワン!!』11など多数がある。11年8月、タレントで女優のさくらと結婚。

田中圭の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 劇場版ドクターX

    制作年: 2024
    2012年10月より7シリーズに渡りテレビ朝日系列で放送されていた連続ドラマ「ドクターX」をテレビ朝日65周年記念を冠して映画化が決定。
  • スマホを落としただけなのに ~最終章~ ファイナル ハッキング ゲーム

    制作年: 2024
    スマホを落としたことで、連続殺人鬼に命を狙われるヒロインを描いたミステリー映画『スマホを落としただけなのに』シリーズ第3弾。
  • あの人が消えた

    制作年: 2024
    2023年のテレビドラマ『ブラッシュアップライフ』で注目を集めた水野格が、完全オリジナル脚本で挑んだミステリー。“次々と人が消える”と噂されるマンションの秘密を知った配達員の青年・丸子は、先輩の荒川とともに、住人の正体を探ろうとするが……。出演は「映画『からかい上手の高木さん』」の高橋文哉、「春画先生」の北香那、「劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」の田中圭。
  • Gメン(2022)

    制作年: 2022
    小沢としおの人気コミックを映画化した青春アクションエンターテインメント。問題児だらけの私立武華男子高校1年G組に転入してきた門松勝太。まっすぐなその性格に惹かれた仲間たちと楽しい日々を過ごしていた勝太に、凶悪組織・天王会の魔手が忍び寄る。出演はこれが映画初主演となる岸優太(「ニセコイ」)のほか、「ぐらんぶる」の竜星涼、「きさらぎ駅」の恒松祐里、「水は海に向かって流れる」の高良健吾、「女子高生に殺されたい」の田中圭。
    95
  • 月の満ち欠け

    制作年: 2022
    第157回直木賞を受賞した、佐藤正午のベストセラー小説を大泉洋主演で映画化。妻の梢と娘の瑠璃を不慮の事故で失い悲しみに沈む小山内堅のもとに、三角という男が娘の瑠璃はかつて自分が愛した女性の生まれ変わりではないかと訪ねてきて……。監督は「母性」の廣木隆一。小山内の妻・梢を柴咲コウ、娘と同じ名を持つ“瑠璃”という女性を有村架純、小山内を訪ねる三角を目黒蓮が演じるほか、伊藤沙莉、田中圭など実力派キャストが出演。
  • 耳をすませば(2022)

    制作年: 2022
    柊あおいが『りぼん』(集英社)で連載し、スタジオジブリがアニメ映画化した青春恋愛漫画『耳をすませば』を実写映画化。読書が大好きな女の子・月島雫が、夢に向かって生きる男の子・天沢聖司に想いを寄せる中学生時代の物語に、完全オリジナルの10年後の物語を加えて描く。大人になって児童書の編集者となった月島雫を清野菜名が、チェロ奏者として活動する天沢聖司を松坂桃李がW主演で演じる。中学生時代の二人には安原琉那、中川翼。監督は平川雄一朗、主題歌は杏がカバーする名曲「翼をください」。雫が働く出版社の部長に音尾琢真、先輩役に松本まりか、後輩役に中田圭祐、雫が担当する作家・園村役に田中圭。また、雫の両親を小林隆、森口瑤子、さらに聖司の祖父であり地球屋の店主でもあるおじいさんを近藤正臣が演じている。

今日は映画何の日?

注目記事