安田顕 ヤスダケン

  • 出身地:北海道室蘭市
  • 生年月日:1973/12/08

略歴 / Brief history

北海道室蘭市の生まれ。北海学園大学経営学部在学中に演劇研究会の先輩・森崎博之の紹介で、鈴井貴之主宰の劇団“OOPARTS”に参加。鈴井が代表をつとめる芸能事務所“CREATIVE OFFICE CUE”に所属して、タレント活動を始める。1996年、演劇研究会の仲間だった大泉洋、戸次重幸らと演劇ユニット“TEAM NACKS”を結成し、大学卒業後の98年には大泉がレギュラーをつとめる北海道テレビのバラエティ『水曜どうでしょう』に、同局のマスコット“onちゃん”のスーツアクターとして出演、見た目に似合わぬ三枚目ぶりが話題となる。2002年、鈴井が初監督した「man-hole」で映画初主演。三輪明日美演じる女子高生と“夢のマンホール”を探す生真面目な巡査役で印象を残し、その後も、鈴井監督の「river」03、「銀のエンゼル」04や、前田哲監督「パコダテ人」02などに出演する。『水曜どうでしょう』のDVD化などを機に全国的に知名度が上がり、TEAM NACKS初の東京公演『LOOSER』04、全国11都市公演『COMPOSER』05も成功させる。先んじて俳優として東京進出した大泉に続き、06年のNHK『次郎長背負い富士』に吉良の仁吉役、大河ドラマ『功名が辻』に宇喜多秀家役で出演。日本テレビ『ハケンの品格』07の如才ない派遣会社の営業マン・一ツ木慎也役、同局『ホタルノヒカリ』07・10の同趣のキャラクターの経理部次長・二ツ木昭司役、NHK連続テレビ小説『瞳』08の面倒見のいい築地のかつおぶし問屋の息子・勇蔵役などで好評を博す。映画は、野口照夫監督「たとえ世界が終わっても」07で、自殺志願のヒロインと偽装結婚をする余命わずかなカメラマンに扮するほか、福田雄一監督「大洗にも星はふるなり」09では、海の家のマドンナとの想い出を語るバイト青年たちを次々に論破する離婚訴訟専門の弁護士を好演する。09年の北海道テレビ制作の単発ドラマ『ミエルヒ』ではドラマ初主演もつとめ、挫折して故郷に帰る報道カメラマンの心の機微を巧みに演じた。ドラマはほかに、TBS『エジソンの母』08、『SPEC/警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿』10、テレビ朝日『コールセンターの恋人』09、フジテレビ『アリアドネの弾丸』11、NHK『塚原卜伝』11など。舞台に『獏のゆりかご』06、『琉球ロマネスク・テンペスト』11などがある。

安田顕の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • とんび

    制作年: 2022
    重松清のベストセラー小説を、「護られなかった者たちへ」の瀬々敬久監督と阿部寛のコンビで映画化した人間ドラマ。親の愛を知らずに育ったヤスは愛妻と息子アキラに囲まれ幸せに暮らしていたが、妻が事故死。周囲の温かい手を借りながらアキラを育てていく。不器用なヤスを阿部寛が、ヤスの息子アキラを「東京リベンジャーズ」の北村匠海が演じ、昭和の瀬戸内海の町を舞台に、親子の絆を紡ぐ。
  • 今はちょっと、ついてないだけ

    制作年: 2022
    伊吹有喜による同名小説を原作に、「パーフェクトワールド 君といる奇跡」の柴山健次監督が映画化。人気カメラマンとして脚光を浴びながら、表舞台から姿を消した立花。彼に写真を撮る喜びを思い出させたのは、シェアハウスに集う不器用な仲間たちとの日々だった。出演は「カフーを待ちわびて」以来13年ぶりの映画主演となる玉山鉄二、「おもいで写真」の深川麻衣、「孤狼の血」シリーズの音尾琢真。
  • リング・ワンダリング

    制作年: 2021
    初長編「アルビノの木」で注目を集めた金子雅和が、「君は永遠にそいつらより若い」の笠松将主演で贈る幻想譚。絶滅したニホンオオカミを題材に漫画を描こうとする草介はある夜、不思議な少女ミドリと出会い、いつもと違う東京の街に足を踏み入れる……。共演は「罪の声」の阿部純子、「私はいったい、何と闘っているのか」の安田顕。
  • 私はいったい、何と闘っているのか

    制作年: 2021
    仕事や家族のために七転八倒する中年男性の日常を切り取ったつぶやきシローの同名著書を安田顕主演で映画化。誰しもが抱える葛藤や不安を明るく笑い飛ばす人情喜劇。監督は「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」でも安田顕とタッグを組んだ李闘士男。伊澤の妻役に小池栄子が扮するほか、岡田結実、ファーストサマーウイカ、伊集院光、SWAY(劇団EXILE)、金子大地、白川和子など、多彩なジャンルの才能が顔を揃えた。
  • 劇場版 がんばれ!TEAM NACS

    制作年: 2021
    北海道出身の森崎博之、安田顕、戸次重幸、大泉洋、音尾琢真による演劇ユニットTEAM NACSの結成25周年とWOWOW開局30周年を記念したTVドラマを再編集。音尾が監督・脚本を担当する、メンバーが名作映画をオマージュしたヒーローに扮する番組の撮影が始まるが……。特別番組の制作、国民的グループを目指して瑛人やヒャダインと楽曲制作、NACS 新メンバーオーディションの開催など、豪華アーティストが参加したプロジェクトの数々を、未公開シーンやインタビューを盛り込み再編集している。
  • ザ・ファブル 殺さない殺し屋

    制作年: 2021
    人気コミックを実写映画化した「ザ・ファブル」の続編。どんな相手も6秒以内に仕留める伝説の殺し屋・ファブルはボスから「一年間誰も殺さず、一般人として生きろ」と命じられる。そのころ、表向きはNPO代表だが、裏の顔を持つ男・宇津帆が暗躍していた。出演は、「散り椿」の岡田准一、「居眠り磐音」の木村文乃、「一度死んでみた」の堤真一、「響 HIBIKI」の平手友梨奈、ドラマ『テセウスの船』の安藤政信。監督は、前作同様、「映画めんたいぴりり」の江口カン。