イム・スルレ イムスルレ

  • 出身地:韓国
  • 生年月日:1960/12/05

イム・スルレの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • リトル・フォレスト 春夏秋冬

    制作年: 2018
    橋本愛主演で映画化された五十嵐大介の人気コミックを韓国で再映画化。思い通りにならない人生をリセットするため、故郷に戻ったヘウォン。旧友のジェハ、ウンスクとともに、自ら農作物を育て、料理を作る暮らしを始めた彼女は、やがて新たな一歩を踏み出す。出演は「お嬢さん」のキム・テリ、「タクシー運転手 ~約束は海を越えて~」のリュ・ジュンヨル、
    92
  • グローリーデイ

    制作年: 2015
    K-POPグループEXOのリーダー、スホの映画初出演作となる青春ドラマ。大学進学の代わりに軍隊を選んだ二十歳のサンウは、3人の友人たちと入隊前最後の旅に出る。つかの間の自由を満喫する彼らだったが、浦項のある海辺で心を揺るがす事件に遭遇する。友人役は、ドラマ『アングリーママ』のジス、ドラマ『応答せよ1988』のリュ・ジュンヨル、ドラマ『プロデューサー』のキム・ヒチャン。
    40
  • 提報者 ES細胞捏造事件

    制作年: 2014
    2005年に韓国で実際に起きたES細胞捏造事件を元にしたサスペンス。世界中の注目を集めた科学論文が捏造であるとの告発を受けたテレビディレクターが、その真相に迫る。出演は「殺人の追憶」のパク・ヘイル、「パイレーツ」のイ・ギョンヨン、「私のオオカミ少年」のユ・ヨンソク。監督は「飛べ、ペンギン」のイム・スルレ。
    0
  • 南へ走れ

    制作年: 2012
    無計画のまま南の島に向かった家族が予想外の出来事に遭遇するコメディ。奥田英朗の小説「サウスバウンド」を「ごめんね、ありがとう」のイム・スルレ監督が映画化。出演はキム・ユンソク、オ・ヨンスほか。2013年10月18日より、東京・韓国文化院ハンマダンホールにて開催された「KOREA CENTER開館記念 コリアン・シネマ・ウィーク2013」にて上映。
  • ごめんね、ありがとう

    制作年: 2011
    韓国の実力派の中堅監督4人が動物と人間との交流をそれぞれのカラーで描いたオムニバス映画。監督は「ただ君だけ」のソン・イルゴン、「飛べ、ペンギン」のイム・スルレ、「ビバ!ラブ」のオ・ジョムギュン、「マイ スウィート ソウル」のパク・フンシク。出演は、「女を知らない」のキム・ジホ、「チョン・ヤギョン 李氏朝鮮王朝の事件簿」のソ・テファ、ムン・ジュンヒほか。2012年5月26日より、東京・新宿K's cinemaにて開催された「真!韓国映画祭2012」にて上映。
  • 飛べ、ペンギン

    制作年: 2009
    韓国の国家人権委員会製作による、教育問題や偏見、熟年離婚など韓国の日常的な問題をテーマにしたオムニバス・ドラマ。出演は、「大統領の理髪師」のムン・ソリ、「燃ゆる月」のチョン・ヘソン。監督は、「私たちの生涯最高の瞬間」のイム・スルレ。第10回全州国際映画祭、あいち国際女性映画祭2009ほかに出品。