升毅 マスタケシ

  • 出身地:東京都新宿区
  • 生年月日:1959/12/09

略歴 / Brief history

東京都新宿区の生まれ。近畿大学商経学部経済学科在学中の1975年、NHK大阪放送劇団付属研究所に研究生として所属し、NHK『紬の里』の端役でテレビドラマに初出演する。翌76年には『ロンググッドバイ』で初舞台を踏み、78年の大学卒業後も舞台を中心に活動を続ける。80年、大阪演劇フェスティバル新人賞を受賞。映画初出演は81年の井筒和幸監督「ガキ帝国」で、“明日のジョー”こと高常勝役を演じた。85年、立原啓裕、牧野エミと演劇ユニット“売名行為”を結成。同じように関西の劇団で活躍していた生瀬勝久、古田新太、山西惇らとともに、大阪・読売テレビのコントバラエティ『現代用語の基礎体力』89~90、『怒涛のくるくるシアター』90~92などに出演して、人気を獲得していった。91年に売名行為を解散し、自ら主宰の劇団MOTHERを旗揚げ。“ギャグ・ファンタジー”を標榜したポップな作風で人気を集めて東京にも進出し、升個人としての俳優活動も増えていく。大阪時代も、関西製作のテレビドラマにいくつも出ていたが、東京進出後は本格的に映像ジャンルにも乗り出し、フジテレビ『沙粧妙子・最後の事件』95、『翼をください!』96、『らせん』99、日本テレビ『恋のバカンス』97、テレビ朝日『OLヴィジュアル系』00・01などのドラマに相次いで出演。クールなエリート役や狂気を秘めた人物からコメディリリーフ的な存在まで、幅広く演じられる個性派俳優として認知される。映画では、本広克行監督「7月7日、晴れ」96、落合正幸監督「催眠」99など多数に助演し、98年の新村良二監督「バブルと寝た女たち」では、バブル期の銀座でホステスのアルバイトをするヒロインの美大生と愛人契約を結ぶ実業家に扮して準主演、バブル崩壊で自滅していく男の悲哀を巧みに演じた。2002年に劇団MOTHERは解散するが、以降も数々の舞台で精力的に活動し、膨大な数の映画・ドラマで名バイプレイヤーとしての存在感を発揮し続けている。

升毅の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 歩きはじめる言葉たち 漂流ポスト3・11をたずねて

      制作年: 2021
      大切な人を亡くした人々の心の拠り所となっている岩手県陸前高田市の漂流ポスト3・11をめぐるドキュメンタリー。故・佐々部清監督の盟友・升毅が監督のゆかりの地を訪ね、監督が生前映画制作を果たせなかった東日本大震災の被災地で漂流ポスト3・11と出会う。監督は、佐々部清監督の「群青色の、とおり道」「八重子のハミング」に製作として参加した野村展代。漂流ポストの活動に感銘を受け映画化に向け動き出していたものの、諸事情により監督する予定であった佐々部清氏と話し合い一度企画をストップ。佐々部監督のサポートのもと野村監督のメガホンでドキュメンタリー映画として再出発した矢先に、佐々部監督が急逝した。
    • 大綱引の恋

      制作年: 2020
      「八重子のハミング」などを手がけた佐々部清監督の遺作となった、薩摩川内市を舞台にしたラブストーリー。35歳にしてまだ独身である鳶職・有馬組の三代目・武志は、駅で倒れた老人の救命措置を一緒に行った韓国人女性研修医のジヒョンと心を通わせるが……。400年以上続く伝統行事で薩摩川内市の三大イベントのひとつである川内大綱引を題材に、家族を軸にした物語の中で男女の愛を描き出していく。主人公の有馬武志を「大コメ騒動」の三浦貴大が、ジヒョンを「どすこい!すけひら」の知英が演じる。また、数々の佐々部監督作品に参加し本作でも武志の父親役として出演する西田聖志郎が、本作の企画・原案を務めている。2020年10月31日より鹿児島先行公開。
    • 無頼

      制作年: 2020
      井筒和幸監督が「黄金を抱いて翔べ」以来8年ぶりにメガホンを取り、戦後日本を背景に、世間の外側を生き抜いてきたヤクザ者らを活写した群像劇。社会の片隅で己の掟に従い生きてきた無頼の徒。やがて彼は同じ境遇の者たちを束ね、裏社会を駆け上がっていく。2015年末にEXILEのパフォーマーを卒業、「影に抱かれて眠れ」など俳優としての活動を重ねる松本利夫が主役のアウトサイダーを、「純平、考え直せ」でヒロインを務めた柳ゆり菜が妻・佳奈を演じる。
    • ビューティフルドリーマー

      制作年: 2020
      “監督絶対主義”を掲げ、本広克行らが立ち上げた新レーベル“シネマラボ”第1弾。文化祭前日の先勝美術大学。その喧騒をよそに、のんびり過ごしていた映画研究会だったが、古い段ボールに入った1本のフィルムを見つけたことから、思わぬ事態が巻き起こる。出演は「イノセント15」の小川紗良、「私がモテてどうすんだ」の神尾楓珠、「8日で死んだ怪獣の12日の物語 -劇場版-」の斎藤工。
    • ピア まちをつなぐもの

      制作年: 2018
      介護をテーマとした「ケアニン あなたでよかった」のスタッフ・出演者が再び集まり製作した在宅医療と介護を巡るドラマ。大学で先端医療の研究を目指していた若手医師・雅人は、病気で倒れた父の医院を継ぐことに。さらに父の要望で訪問医療を始めるが……。出演は、「羊の木」の細田善彦、「愚行録」の松本若菜、「うさぎ追いし 山極勝三郎物語」の水野真紀、「八重子のハミング」の升毅。監督は、「ゼニガタ」の綾部真弥。
      82
    • この道

      制作年: 2018
      「ゾウを撫でる」の佐々部清監督が、大森南朋とEXILE AKIRAを主演に迎え、詩人・北原白秋の波乱に満ちた半生を音楽家・山田耕筰との友情とともに映す伝記ドラマ。日本人の心の故郷として親しまれ、100年を経た今でも歌い継がれている“童謡”誕生の裏側を見つめる。共演は「悼む人」の貫地谷しほり、「コーヒーが冷めないうちに」の松本若菜、「ディアスポリス DIRTY YELLOW BOYS」の柳沢慎吾、「ゾウを撫でる」の羽田美智子、「検察側の罪人」の松重豊。脚本を「かぐや姫の物語」「恋は雨上がりのように」の坂口理子、音楽を「忠臣蔵外伝 四谷怪談」「ハードロマンチッカー」の和田薫が務める。
      84