長門裕之 ナガトヒロユキ

  • 出身地:京都府京都市
  • 生年月日:1934/01/10
  • 没年月日:2011/05/21

略歴 / Brief history

京都府京都市の生まれ。本名・加藤晃夫。父は俳優の沢村国太郎、母は女優のマキノ智子(美恵子)で、母方の祖父が日本映画の父・牧野省三。6歳下の弟が津川雅彦という芸能一家に育つ。6歳の時に初めて出演した映画は、母方の叔父・マキノ正博(のち雅弘)が監督し、父が出演した1940年の「続清水港」。“沢村アキヲ”の芸名を名乗っていた時期の代表作は、稲垣浩監督「無法松の一生」43の、阪東妻三郎演じる主人公・無法松の無償の愛を受ける軍人の遺児・敏夫役だった。戦後は学業を優先し立命館大学文学部に進むが、マキノ雅弘監督「次郎長三国志/第六部・旅がらす次郎長一家」53で喜代蔵役を演じた頃から本格的に俳優の道を進む。大学を中退し芸名を“長門裕之”に改めて、東宝系の宝塚映画など数本に出演。その後、54年より製作再開した日活に入社し、古川卓巳監督「若き魂の記録・七つボタン」55の海軍少年飛行兵役で初主演をつとめる。56年は同監督の「太陽の季節」に主演し、南田洋子と共演。しかし、この映画の端役で顔を出していた石原裕次郎が同年の「狂った果実」で彗星の如くデビュー。繊細な青年のイメージが旧式になって伸び悩むが、今村昌平の監督第1作「盗まれた欲情」58で大きく変化し、ドサ廻りの一座に揉まれるインテリ演劇青年の、深刻に悩むほどおかしいさまを演じてようやく本来の個性を掴む。以後も、「果しなき欲望」58の能天気な正直者、「にあんちゃん」59の楽天性を失わない炭鉱夫、「豚と軍艦」61のしがないチンピラと初期今村映画の顔となり、「にあんちゃん」でブルーリボン賞主演男優賞を受賞。さらに、蔵原惟繕監督「われらの時代」59、中平康監督「学生野郎と娘たち」61など日活アクションとは別系統で魅力を発揮する。61年に南田洋子と結婚し、62年よりフリー。もともと骨の髄まで映画が浸み込んだ生粋のサラブレッドであり、大映の市川崑監督「破戒」62、毎日映画コンクール男優助演賞を受賞した松竹の中村登監督「古都」63などで抜群の演技を見せる。図抜けた実力のピークは、純粋な青年が戦後の歩みとともに荒んでいく吉田喜重監督「秋津温泉」62と、万事要領がいいのに無学者の渥美清を放っておけない兵隊の優しさで笑い泣かせた野村芳太郎監督「拝啓天皇陛下様」63。東映やくざ映画が人気になるとマキノ監督に呼ばれ、「日本俠客伝」シリーズなどで活躍。高倉健の弟分や仲間の役をその都度、自在に演じて任俠路線を支えるひとりとなる。秋吉久美子と絡む中年男役の藤田敏八監督「赤ちょうちん」「バージンブルース」74で、日活青春映画の終焉を体現して以降は、南田と夫婦で司会をつとめたフジテレビの音楽番組『ミュージックフェア』65~81や、山口百恵主演のTBS『赤いシリーズ』などテレビでの活動が中心になる。日本テレビ『池中玄太80キロ』80~89での、西田敏行演じるカメラマンの玄太と毎回怒鳴り合うデスク・楠公さん役は大人気に。フジテレビ『スケバン刑事』シリーズ85~88では、当初はクレジットが伏せられた“暗闇司令”役が話題を呼んだ。85年、芸能界での女性遍歴を赤裸々に綴った暴露本を出版して騒動になり、長年築いた南田とのおしどり夫婦像が崩れるダメージも負ったが、そこからさらに芸の強みを見せ、やくざの親分や戦国武将、頑固親父などの役で映画、テレビドラマ、舞台に多数助演。清濁併せ呑んだ男のしたたかな俗気と愛嬌を示す。2006年、弟でありライバルでもあった津川雅彦の“マキノ雅彦”名義での監督第1作「寝ずの番」に出演。弟子たちに愛される落語の師匠役を飄々と演じて好評を得る。この時期すでに南田に認知症の症状が表れはじめており、献身的な介護を行なうが09年10月に南田がくも膜下出血で死去。再び俳優業に専念するが、自身も11年2月に脳出血で倒れ、3カ月後の5月21日、死去した。享年77歳。

長門裕之の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 極道恐怖大劇場 牛頭GOZU

    制作年: 2003
    三池崇史監督が極道社会を舞台に描いたヤクザホラー。兄貴分・尾崎をヤクザ処分場へ連れて行くように組長から命じられた構成員の南。しかし道中、南はうっかり尾崎を殺してしまう。出演は曽根英樹、哀川翔、吉野きみ佳ほか。脚本は「殺し屋1」の佐藤佐吉。劇場未公開のオリジナルビデオ作品ながら第56回カンヌ国際映画祭「監督週間」上映されたカルト的人気作品が、製作から21年を経た2024年にオリジナルの35ミリプリントで、日本では初の正式劇場公開。
  • 青い青い空

    制作年: 2010
    浜松市を舞台に、5人の女子高生が熱血教師と出会い、書道を通じて絆を結んでゆく姿を描いた青春ドラマ。出演は『LADY~最後の犯罪プロファイル~』の相葉香凛、「蘇りの血」の草刈麻有、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の浪岡一喜。浜名湖の地域振興を目的に、地元の映画製作プロジェクトとして製作された。2010年10月9日、静岡県・浜松市内TOHOシネマズ浜松、TOHOシネマズ サンストリート浜北にて先行公開。
    96
  • FLOWERS フラワーズ

    制作年: 2010
    「フラガール」の蒼井優、「沈まぬ太陽」の鈴木京香、「ゴールデンスランバー」の竹内結子、「山桜」の田中麗奈、『トリック』の仲間由紀恵、「おくりびと」の広末涼子、当代きっての6女優出演で、昭和から平成の時代を生きた日本の女性たち、それぞれの人生のターニングポイントを描く。監督は「タイヨウのうた」の小泉徳宏。
    95
  • 黄金花 秘すれば花、死すれば蝶

    制作年: 2009
    映画界で美術監督として長年活躍してきた木村威夫が「夢のまにまに」に続きメガホンを取った長編第2作。老人ホームで生活する個性溢れる面々の姿を描く。出演は「ウルトラミラクルラブストーリー」の原田芳雄、「インスタント沼」の松坂慶子、「サッドヴァケイション」の川津祐介、「グーグーだって猫である」の松原智恵子、「犬神家の一族」の三條美紀など。
  • 特命女子アナ 並野容子

    制作年: 2009
    冴えない窓際女子アナを仮の姿とする凄腕の捜査員が、会社に関わるトラブルを解決するコメディ。TVドラマが好評を得た「特命係長・只野仁」に続く柳沢きみおの新シリーズを、映画初主演の堀越のりで映画化。監督は「ヨムトシヌ」の田尻裕司。2009年9月18日・19日の2日間限定でシネマート六本木にてレイトショーで公開された。
  • 旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ

    制作年: 2009
    今や年間入園者数300万人を越え、絶大な人気を誇る北海道の旭山動物園。廃園寸前だったこの動物園が、園長を始めとした職員たちの努力によって再生してゆく姿を、実話を元に描く。長年、園で働き、95年から園長を務める小菅正夫氏が原案を担当。出演は「ザ・マジックアワー」の西田敏行、「ハッピーフライト」の中村靖日。2009年1月24日より、北海道・旭川市内先行公開。