フィアレス

ふぃあれす
上映日
1994年6月25日

製作国
アメリカ

制作年
1993
レーティング
ジャンル
ドラマ

check解説

飛行機事故から奇跡的に生還したことを契機に、死の恐怖から開放された男の行動を通して、生と死の意味を問う異色のヒューマン・ドラマ。ラファエル・イグレシアスが91年に発表した同名小説を彼自身が脚色し、「いまを生きる」「グリーン・カード」のピーター・ウィアーが監督。製作は、92年に他界した「推定無罪」のマーク・ローゼンバーグと、「白く乾いた季節」のポーラ・ワインスタインの夫婦の共同。撮影は「バグジー」のアレン・ダヴュー、音楽は「危険な年」「刑事ジョン・ブック 目撃者」などでも監督と組んだモーリス・ジャール、美術は「モスキート・コースト」のジョン・ストッダートが担当。主演は「フィッシャー・キング」「失踪 妄想は究極の凶器」のジェフ・ブリッジス(主人公が心象風景として描く画は彼の筆による)。共演は「愛の果てに」のイザベラ・ロッセリーニ、「忘れられない人」のロージー・ペレズ、「バートン・フィンク」のジョン・タトゥーロ、「アマデウス」のトム・ハルスら。
映画館で観る
配信で観る
Blu-ray&DVDで観る
  • 【DVD】フィアレス 恐怖の向こう側

  • 【DVD】フィアレス 恐怖の向こう側

  • 【DVD】フィアレス 恐怖の向こう側

  • 【DVD】フィアレス 恐怖の向こう側

  • 【DVD】フィアレス 恐怖の向こう側

TVで観る

ユーザーレビュー

「フィアレス」のストーリー

大勢の犠牲者を出した飛行機墜落事故が発生した。奇跡的に命を取り留めた建築家のマックス(ジェフ・ブリッジス)は、その日から別人に生まれ変わった。苺アレルギーが治って平気で食べられるようになり、重度の飛行機恐怖症もなくなった。家に帰ってからも、彼は妙に生き生きとした表情で、死に直面した瞬間に見た不思議な光を追い求めて、往来の激しい車道を突っ切ったり、高いビルに登ったりと奇行を繰り返した。妻のローラ(イザベラ・ロッセリーニ)は不安な思いで見守るが、事故現場で多くの生存者を誘導して助けた彼を、マスコミは救世主のように書き立てた。一方、同じ事故で赤ん坊を死なせたカーラ(ロージー・ペレズ)はショックから立ち直れずにいた。航空会社から派遣されたセラピストのビル(ジョン・タトゥーロ)は、まったく対照的な症状を示す2人を思い切って接触させてみた。最初はかたくなだったカーラも、いつしかマックスだけには心を開くようになる。ある日、2人はデパートへ行き、マックスは父へ、カーラは子供へ、死んだ者へのプレゼントを買う。彼女は自分が手を放したせいで赤ん坊が死んだと思い込み、罪悪感から逃れられないでいた。マックスは買ったばかりの工具箱を抱かせ、車を猛スピードで壁に激突させて事故を再現する。たとえ彼女がしっかり抱いていたとしても、やはり赤ん坊は死んだのだということを悟ったカーラは、罪の意識から開放された。相変わらずのマックスは退院後、家に戻った。弁護士のブリルスタイン(トム・ハルス)は、事故で死んだマックスの友人ジェフの遺族のためにもできるだけ多くの賠償金を取れそうだと言う。それを聞きながら苺を口に放り込んだマックスはその瞬間、激しいアレルギー症状を起こし、死の淵であの不思議な光を見る。だが、ローラの必死の救急措置で命を取り留めた彼は、生のすばらしさを実感するのだった。

「フィアレス」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「フィアレス」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1993
公開年月日 1994年6月25日
製作会社 スプリング・クリーク・プロ
配給 ワーナー・ブラザース
レイティング

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
1994年6月下旬号 グラビア 《New Release》(新作映画紹介) フィアレス
1994年8月上旬号 劇場公開映画批評 フィアレス
1994年8月下旬上半期決算号 外国映画紹介 フィアレス

今日は映画何の日?

注目記事