運命の女(2002)

うんめいのおんな Unfaithful
上映日
2003年1月11日

製作国
アメリカ

制作年
2002
上映時間
124分

レーティング
一般映画
ジャンル
サスペンス・ミステリー

check解説

年下男性との情事に溺れていく妻と、それを知った夫の葛藤を描くラヴ・サスペンス。監督・製作は「ロリータ」のエイドリアン・ライン。脚本は「スパイダーマン」のアルヴィン・サージェント、「猿の惑星」のウィリアム・ブロイルズ・ジュニア。撮影は「トゥルーマン・ショー」のピーター・ビジウ。音楽は「ぼくの神さま」のジャン・A・P・カズマレック。美術は「インサイダー」のブライアン・モリス。編集は「スウィート・ノベンバー」のアン・V・コーツ。衣裳は「サウンド・オブ・サイレンス」のエレン・ミロジニック。出演は「オータム・イン・ニューヨーク」のリチャード・ギア、「陽だまりのグラウンド」のダイアン・レイン、「夜になるまえに」のオリヴィエ・マルティネス、「サイダーハウス・ルール」のエリック・ペア・サリヴァン、「Q&A」のドミニク・チアニーズほか。
映画館で観る
Blu-ray&DVDで観る
  • 【DVD】運命の女 <特別編>

  • 【BD】運命の女

  • 【DVD】運命の女 <特別編>

  • 【DVD】運命の女 特別編

  • 【DVD】運命の女 <特別編>

TVで観る

ユーザーレビュー

「運命の女(2002)」のストーリー

ニューヨークに強風が吹き荒れた日、郊外に住む専業主婦のコニー(ダイアン・レイン)は、フランス人のブック・ディーラー、ポール(オリヴィエ・マルティネス)と出会う。彼の誘惑に抗し、自制心を働かせていたコニーだったが、3度目に彼のアパートを訪れた日、ついに肉体関係を持ってしまう。それ以来、口実を作り出しては情事を重ねるコニー。夫のエドワード(リチャード・ギア)は妻の浮気の疑惑を持ち、それは確信に変わった。彼はコニーの素行調査を探偵のウィルソン(ドミニク・チアニーズ)に依頼。そして単身、ポールのアパートへ向かう。エドワードは怒りと悲しみのあまり、ポールを衝動的に殺してしまう。死体はゴミ捨て場に隠蔽したものの、やがて発見され、コニーも真実を知る。夫婦は危険な秘密を抱えながら、車の中で、メキシコに逃げて海辺の家で暮らしましょうと話し合うのだった。

「運命の女(2002)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「運命の女(2002)」のスペック

基本情報
ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ
製作年 2002
公開年月日 2003年1月11日
上映時間 124分
製作会社 フォックス2000ピクチャーズ=リージェンシー・エンタープライゼズ
配給 20世紀フォックス映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 ドルビーSRD/DTS

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
2003年1月上旬新年特別号 特集 「運命の女」 リチャード・ギア インタビュー
特集 「運命の女」 ダイアン・レイン インタビュー
特集 「運命の女」 エイドリアン・ライン監督 インタビュー
特集 「運命の女」 作品評
2003年2月上旬号 劇場公開映画批評 運命の女
2003年3月上旬号 日本映画紹介/外国映画紹介 運命の女