宣戦布告

せんせんふこく
上映日
2002年10月5日

製作国
日本

制作年
2002
上映時間
105分

レーティング
一般映画
ジャンル
サスペンス・ミステリー 社会派

check解説

突然の有事に対する日本政府の対応を、リアルにシミュレートしたポリティカル・サスペンス。監督は「イコン伝説 追憶のエルミタージュ」の石侍露堂。麻生幾による同名小説を基に、小松與志子と石侍監督が共同で脚色。撮影を「突入せよ! あさま山荘事件 THE CHOICE OF HERCULES」の阪本善尚が担当している。主演は「残 ZANKYO」の古谷一行。
映画館で観る
配信で観る
Blu-ray&DVDで観る
  • 【DVD】宣戦布告

  • 【DVD】宣戦布告

TVで観る

ユーザーレビュー

「宣戦布告」のストーリー

200X年、福井県敦賀半島に北東人民共和国の潜水艦が座礁。艦内から特殊武装した戦闘員が上陸し、夜の闇に姿を消した。この事態に、時の首相・諸橋揆一郎は警察力で対応しようとするが、民間人の犠牲者が出るに至って、遂に自衛隊出動を決意する。ところが、様々な法令に阻まれ思うような戦闘が出来ない。そんな中、自衛隊出動を日本の”宣戦布告“と受け取った北東人民共和国が、核ミサイル発射態勢に入ったとの情報が流れた。首相官邸の危機管理センターに、周辺国に緊張が走る。と突然、共和国軍が発射態勢を解除した。実は、内閣情報調査室長・瀬川が流した「アメリカが北の首脳部を爆撃する」と言う偽情報がすんでのところで功を奏したのだ。こうして日本の危機は回避されるが、その後、諸橋首相は一切の責任をとって辞任するのだった。

「宣戦布告」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「宣戦布告」のスペック

基本情報
ジャンル サスペンス・ミステリー 社会派
製作国 日本
製作年 2002
公開年月日 2002年10月5日
上映時間 105分
製作会社 ウィル(製作協力 プルミエ・インターナショナル)
配給 東映
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 ドルビーSR
公式サイト http://www.sensenfukoku.jp/

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
2002年10月上旬号 Kinejun front 3 道は必ず開ける「宣戦布告」
2002年11月上旬号 特集 「宣戦布告」 作品評
2003年10月下旬号 日本映画紹介/外国映画紹介 宣戦布告