ストーン(2010)

すとーん STONE
上映日
2010年10月30日

製作国
アメリカ

制作年
2010
上映時間
105分

レーティング
R-15
ジャンル
サスペンス・ミステリー

check解説

厳格な刑務所の仮釈放管理官と殺人を犯した受刑者という性格も立場も対照的な2人が、1人の女をきっかけに、互いの立場を逆転させてゆくサスペンス。「マチェーテ」のロバート・デ・ニーロ、「インクレディブル・ハルク」のエドワード・ノートン、「バイオハザード」シリーズのミラ・ジョヴォヴィッチという3大スターが共演。
映画館で観る
配信で観る
Blu-ray&DVDで観る
  • 【BD】ストーン

  • 【DVD】ストーン

  • 【BD+DVD】ストーン ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産)

TVで観る

ユーザーレビュー

「ストーン(2010)」のストーリー

デトロイト郊外で暮らし、刑務所の仮釈放管理官として働くジャック・メイブリー(ロバート・デ・ニーロ)。受刑者と面談して仮釈放審査会のための書類を作成することが仕事だった。妻マデリン(フランシス・コンロイ)とは結婚43年。仕事は真面目にこなし、毎週日曜日は夫婦で教会に通い、平凡ながら幸せな日々を送ってきた。まもなく定年を迎えようとしている彼の最後の担当受刑者は、通称“ストーン”と呼ばれるジェラルド・クリーソン(エドワード・ノートン)。放火で祖父母を殺害した罪で8年間服役し、3年の刑期を残して仮釈放を希望していた。何が何でも出所を望むストーンは、妻ルセッタ(ミラ・ジョヴォヴィッチ)を利用する。美しく魅力的なルセッタは、昼間は幼稚園で子供たちを教える一方で、夜は男たちに体を売るという二つの顔を持っていた。ストーンを心から愛する彼女は、彼の指示通りにジャックへの電話攻勢を開始。受刑者家族との個人的接触を禁じられているジャックだったが、度重なるしつこい電話とルセッタの甘い声に屈し、面会を約束してしまう。そこで待っていたのは、彼女の巧みな誘惑。その誘いに乗って一線を越えてしまうジャック。いとも簡単に道を踏み外してしまった自分に戸惑いながらも、ルセッタの虜になってゆく。それは計画通りだったが、反対にストーンは精神世界に目覚め、自己啓発に没頭。ルセッタからジャックの報告を受けても上の空。仮釈放への関心そのものが薄れたように、正しい行いをするようにジャックを諭すまでになる。まるで人格が入れ替わったかのようなジャックとストーン。そんな男たちの間で女の本性を露わにするルセッタ。果たして3人の運命は……?

「ストーン(2010)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ストーン(2010)」のスペック

基本情報
ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ
製作年 2010
公開年月日 2010年10月30日
上映時間 105分
製作会社 Mimran Schur Pictures=Holly Wiersma Productions=Millennium Films=Stone Productions
配給 日活
レイティング R-15
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
音量 ドルビーSRD
公式サイト http://www.stone-movie.com/

今日は映画何の日?

注目記事