ショパン 愛と哀しみの旋律

しょぱんあいとかなしみのせんりつ CHOPIN: DESIRE FOR LOVE
上映日
2011年3月5日

製作国
ポーランド

制作年
2002
上映時間
126分

レーティング
一般映画
ジャンル
ドラマ

check解説

作曲家フレデリック・ショパンと作家ジョルジュ・サンドの愛と半生を、豪華アーティストの演奏と共に描く。監督は「Noce i dnie」でアカデミー賞外国語映画賞にノミネートされたイェジ・アントチャク。出演は、「カロル~ローマ法王への歩み~」のピョートル・アダムチク、「カティンの森」のダヌタ・ステンカ。
映画館で観る
配信で観る
Blu-ray&DVDで観る
  • 【DVD】ショパン 愛と哀しみの旋律

  • 【BD】ショパン 愛と哀しみの旋律

TVで観る

ユーザーレビュー

「ショパン 愛と哀しみの旋律」のストーリー

フレデリック・ショパン(ピョートル・アダムチク)は祖国ポーランドを逃れ、ウィーンを経てパリに辿り着くが、音楽家としての才能を認められずにいた。しかし有力者たちの集まるサロンで、人気ピアニストのフランツ・リストがショパンのエチュードを見事な演奏で披露したことから、ショパンの才能はパリに知れ渡る。ショパンはリストから、女流作家ジョルジュ・サンド(ダヌタ・ステンカ)を紹介される。サンドはフランス最大の作家と言われる一方、前夫と財産と2人の子供の親権を巡る裁判中であり、その間にも数々の男との関係を噂されていた。サンドはショパンの才能に惚れ込み、その想いを彼にぶつける。一方、ポーランド貴族の娘マリアに求婚し、彼女の両親の許しを待っていたショパンは、サンドに関心を示さない。しかしショパンは持病を理由に結婚を断られ、寝込んでしまう。ショパンが肺炎で倒れたことを聞いたサンドはすぐに駆けつけ、滋養に富んだ料理を作る。ショパンは彼女の優しさに心を動かされ、2人の関係が始まる。2人はショパンの療養と作曲に集中するため、サンドの息子モーリス(アダム・ヴォロノヴィチ)と娘ソランジュ(ボジェナ・スタフラ)とともにマヨルカ島へ旅立つ。温暖な島のはずだったが、かつてない雨が降り、ショパンの病状は悪化する。それ以降、冬はパリ、夏はノアンにあるサンドの別荘で暮らすようになる。ショパンは次々と名作を生み出していく。しかしモーリスは、母の愛を独占しようとするショパンを快く思わず、ソランジュはショパンに尊敬以上の感情を抱くようになっていた。そんな2人はやがて、ある悲劇を巻き起こす。

「ショパン 愛と哀しみの旋律」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ショパン 愛と哀しみの旋律」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 ポーランド
製作年 2002
公開年月日 2011年3月5日
上映時間 126分
製作会社 Agencja Produkcji Filmowej=Antczak Production=PKO Bank Polski S.A. =Skorpion Art Film=Telewizja Polska (TVP)=Wizja TV
配給 ショウゲート
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
音量 ドルビーSRD

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
2011年3月下旬号 UPCOMING 新作紹介 「ショパン 愛と哀しみの旋律」

今日は映画何の日?

注目記事