愛と野望のナイル

あいとやぼうのないる
上映日
1990年3月3日

製作国
アメリカ

制作年
1989
レーティング
ジャンル
ドラマ

check解説

ナイル川の源流を求めて旅をする2人の探検家の冒険と愛憎を描くアドベンチャー・ドラマ。エグゼクティブ・プロデューサーはマリオ・カサールとアンドリュー・ヴァイナ、製作はダニエル・メルニック、監督は「ブラック・ウィドー」のボブ・ラフェルソン。ウィリアム・ハリソンの原作を基に、脚本はハリソンとラフェルソンの共同、撮影はロジャー・ディーキンス、音楽はマイケル・スモールが担当。出演はパトリック・バーギン、イェーン・グレンほか。
映画館で観る
配信で観る
Blu-ray&DVDで観る
TVで観る

ユーザーレビュー

「愛と野望のナイル」のストーリー

1850年代、植民地開拓時代の大英帝国は、領土拡大の野心に燃え、アフリカ最深部ナイル川の源流発見に莫大な懸賞をかけていた。1854年、ザンビアで出会ったふたりの探検家リチャード・バートン(パトリック・バーギン)とジョン・スピーク(イェーン・グレン)は、ナイルの探検の中で結束力と友情を深めてゆき、やがて当時の大英地理学協会から一切の援助を約束されるほど信頼されるようになる。その間バートンは、イザベル(フィオナ・ショー)という女性と恋におち、時の権力者ヒューストン卿(ピーター・ヴォーン)の後ろ立てもあり、幸せな日々を送っていた。一方スピークは、その野心ゆえ出版者ローレンス・オリファント(リチャード・グラント)に、すべての面でいいように操られていた。1858年、再度旅に出たふたりは、精神的極限状態の中で、バートンは重傷を負い、スピークは裏付ける何の確証もないまま、ナイルの源流とおぼしき湖を発見する。こうして、2人に起きた事実を裁定する裁判に臨んだ時、スピークは自殺する。第三者の思惑の中で疲労し、死を選んだ友の最期に、バートンは無念の思いを噛みしめるのだった。

「愛と野望のナイル」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「愛と野望のナイル」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1989
公開年月日 1990年3月3日
製作会社 ダニエル・メルニック/インディエプロッド・プロ作品
配給 東宝東和
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
1990年3月上旬号 グラビア 愛と野望のナイル
特集 愛と野望のナイル 評論
特集 愛と野望のナイル ボブ・ラフェルソン監督 インタビュー
1990年4月上旬号 グラビア 愛と野望のナイル
特集 愛と野望のナイル 評論
特集 愛と野望のナイル ボブ・ラフェルソン監督 インタビュー
外国映画批評 愛と野望のナイル
1990年4月下旬号 グラビア 愛と野望のナイル
特集 愛と野望のナイル 評論
特集 愛と野望のナイル ボブ・ラフェルソン監督 インタビュー
外国映画批評 愛と野望のナイル
外国映画紹介 愛と野望のナイル

今日は映画何の日?

注目記事