カセットテープ・ダイアリーズ

かせっとてーぷだいありーず BLINDED BY THE LIGHT
上映日
2020年7月3日

製作国
イギリス

制作年
2019
上映時間
117分

レーティング
一般映画
ジャンル
青春 ドラマ

check解説

英国のジャーナリスト、サルフラズ・マンズールの回顧録を映画化した青春音楽ドラマ。1987年、移民への偏見や父親との確執のなか、鬱屈とした日々を過ごしていたパキスタン系の高校生ジャレドは、ブルース・スプリングスティーンの音楽と衝撃的に出会う。監督は、「ベッカムに恋して」のグリンダ・チャーダ。「1917 命をかけた伝令」のディーン=チャールズ・チャップマンが主人公の幼馴染・マット役で出演している。2019年サンダンス映画祭で上映。
映画館で観る
Blu-ray&DVDで観る
  • 【BD】カセットテープ・ダイアリーズ

  • 【DVD】カセットテープ・ダイアリーズ

TVで観る

この作品のレビュー

映画専門家レビュー

  • ライター
    石村加奈
    ブルース・スプリングスティーンの音楽を聴くことで、自分の世界が広がっていくジャヴェド少年の変化を、隣に住むエバンズ老人や幼なじみのマットらとの、身近な関わり方を... もっと見る
  • 映像ディレクター/映画監督
    佐々木誠
    パキスタン移民の少年ジャヴェドはB・スプリングスティーンの曲に救われ、彼の大ファンになるが、同級生にバカにされる。私は登場人物たちと同世代だが、確かに80年代末... もっと見る

「カセットテープ・ダイアリーズ」のストーリー

1987年、イギリスの田舎町ルートン。夏のアルバイトを終え、SONYのウォークマンで流行のペット・ショップ・ボーイズを聴きながら自転車を走らせる16歳のパキスタン系の少年ジャベド(ヴィヴェイク・カルラ)は、この9月からハイスクールに通う。同じ誕生日の幼馴染のマット(ディーン=チャールズ・チャップマン)は恋人ができ、充実した青春を楽しんでいる。一方のジャベドは、保守的な町の人からの移民への偏見や、パキスタン家庭の伝統やルールに、孤独や鬱屈を募らせていた。特に、古い慣習を振りかざす父親マリク(クルヴィンダー・ギール)には強い反発を感じていた。ジャベドは人種差別や経済問題、不安な政情に揺れる時代を彼なりに反映させた詩を書いているが、まだ本当の“自分の言葉”を見つけられないでいた。そんなある日、ブルース・スプリングスティーンの音楽との衝撃的な出会いによって、ジャベドの世界は一変する……。

「カセットテープ・ダイアリーズ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「カセットテープ・ダイアリーズ」のスペック

基本情報
ジャンル 青春 ドラマ
製作国 イギリス
製作年 2019
公開年月日 2020年7月3日
上映時間 117分
配給 ポニーキャニオン
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
音量 5.1ch
公式サイト http://cassette-diary.jp/
コピーライト (C)BIF Bruce Limited 2019

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
2020年7月下旬号 夢、家族、そして音楽ー「カセットテープ・ダイアリーズ」 作品評
夢、家族、そして音楽ー「カセットテープ・ダイアリーズ」 インタビュー グリンダ・チャーダ[監督・脚本・製作]
2020年5月上・下旬合併号 REVIEW 日本映画&外国映画 「カセットテープ・ダイアリーズ」
2020年4月下旬号 UPCOMING 新作紹介 「カセットテープ・ダイアリーズ」