ザ・グラッジ 死霊の棲む屋敷

ざぐらっじしりょうのすむやしき THE GRUDGE
上映日
2020年10月30日

製作国
アメリカ

制作年
2020
上映時間
94分

レーティング
R-15
ジャンル
ホラー

check解説

「死霊のはらわた」のサム・ライミ製作のホラー。森林地帯で腐敗死体が発見され、マルドゥーン刑事とグッドマン刑事がかけつける。遺された所持品から死体の住所が明らかになると、そこは、2年前にグッドマン刑事が担当した“ランダース事件”の現場だった。出演は、「ナンシー」のアンドレア・ライズボロー、「エイリアン コヴェナント」のデミアン・ビチル。監督・脚本は、「ピアッシング」のニコラス・ペッシェ。
映画館で観る
配信で観る
Blu-ray&DVDで観る
  • 【BD+DVD】ザ・グラッジ 死霊の棲む屋敷 ブルーレイ&DVDセット

TVで観る

この作品のレビュー

映画専門家レビュー

  • 映画・音楽ジャーナリスト
    宇野維正
    製作のゴースト・ハウス・ピクチャーズは2004年の清水崇監督によるハリウッド版「THE JUON/呪怨」からスタートした会社で、近年は「ドント・ブリーズ」などの... もっと見る
  • ライター
    石村加奈
    事件の舞台となる幽霊屋敷の劇的なおどろおどろしさ! 血しぶきを浴びたステンドグラスの模様がドクロに見えたりもして!? しかし、夫の死という現実から気を紛らわすべ... もっと見る
  • 映像ディレクター/映画監督
    佐々木誠
    東京の“ある家”からアメリカの“ある家”に「呪い」が持ち込まれ、それに感染し連鎖していく3家族の悲劇。3つの時系... もっと見る

「ザ・グラッジ 死霊の棲む屋敷」のストーリー

森林地帯で車に乗った状態の変死体が発見され、マルドゥーン刑事(アンドレア・ライズボロー)とグッドマン刑事(デミアン・ビチル)が現場にかけつける。道路が閉鎖されていたこともあり、何ヶ月も放置され死体は腐敗していた。遺された所持品から死体の住所が“レイバーン通り44番地”であることが明らかになる。それは2年前、グッドマン刑事が担当し、いまだに強烈な印象を残す“ランダース事件”の現場だった。マルドゥーン刑事は過去の事件と死体との関連性を疑い、単身でランダース事件の舞台となった屋敷を訪れる。そこで彼女は、ただならぬ存在の気配を感じる……。

「ザ・グラッジ 死霊の棲む屋敷」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ザ・グラッジ 死霊の棲む屋敷」のスペック

基本情報
ジャンル ホラー
製作国 アメリカ
製作年 2020
公開年月日 2020年10月30日
上映時間 94分
製作会社 Screen Gems=Stage 6 Films
配給 イオンエンターテイメント
レイティング R-15
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
コピーライト (C)2020 Grudge Reboot, LLC. All Rights Reserved.

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
2020年11月下旬号 REVIEW 日本映画&外国映画 「ザ・グラッジ 死霊の棲む屋敷」
2020年11月上旬号 UPCOMING 新作紹介 「ザ・グラッジ 死霊の棲む屋敷」