とんび

とんび
上映日
2022年4月8日

製作国
日本

制作年
2022
上映時間
139分

レーティング
一般映画
ジャンル
ドラマ

check解説

重松清のベストセラー小説を、「護られなかった者たちへ」の瀬々敬久監督と阿部寛のコンビで映画化した人間ドラマ。親の愛を知らずに育ったヤスは愛妻と息子アキラに囲まれ幸せに暮らしていたが、妻が事故死。周囲の温かい手を借りながらアキラを育てていく。不器用なヤスを阿部寛が、ヤスの息子アキラを「東京リベンジャーズ」の北村匠海が演じ、昭和の瀬戸内海の町を舞台に、親子の絆を紡ぐ。
映画館で観る
配信で観る
Blu-ray&DVDで観る
TVで観る

この作品のレビュー

映画専門家レビュー

  • 映画・音楽ジャーナリスト
    宇野維正
    過去10年でテレビドラマとして2回映像化された原作を今改めてわざわざ映画化するのであれば、この物語の根幹を成している地域共同体称揚、鉄拳制裁容認をはじめとする昭... もっと見る
  • 映画評論家
    北川れい子
    重松清の原作は未読で、内野聖陽主演のドラマ版も観ていないのに、この映画版、観る前からすでに既視感が強く、これには我ながら戸惑った。きっとどこかで昭和の父親の典型... もっと見る
  • 映画文筆系フリーライター。退役映写技師
    千浦僚
    いまだにピンク映画館で新旧のピンク映画を観るが、そこではまず登場人物たちが偉ぶってないということがあり(痴態満載ではかっこつかない)その人間観に自分は魅かれる。... もっと見る

「とんび」のストーリー

昭和37年、瀬戸内海に面した備後市。破天荒で不器用なヤスは愛妻・美佐子(麻生久美子)の妊娠に喜びを隠せず、姉貴分のたえ子(薬師丸ひろ子)や幼馴染の照雲(安田顕)からは茶化されている。幼い頃に両親と離別したヤスにとって、家族は何よりの憧れだった。生まれた息子にアキラと名付け、アキラのためにも生業の運送業にも精を出すヤス。とんびが鷹を生んだと町の人々に囃されるほど愛らしい息子と美佐子との3人で仲睦まじく暮らしていたが、そんな幸せが美佐子の事故死により脆くも散ってしまった。母の死を理解できないアキラに、自責の念に駆られ悲しみに沈むヤス。町の人々に叱咤激励され、周囲の温かな手を借りながら、我が子の幸せだけを願いアキラを育てた。しかしある日、アキラは誰も触れようとしない母の死の真相を知りたがり、ヤスは大きな嘘をつく。

「とんび」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「とんび」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2022
公開年月日 2022年4月8日
上映時間 139分
製作会社 「とんび」製作委員会(KADOKAWA=電通=春水堂=イオンエンターテイメント=バップ=ひかりTV=WOWOW=GYAO=ヒューレック=ムービーウォーカー=中国放送=山陽放送=岡山放送=山陽新聞社=テレビせとうち)(制作プロダクション:ディグ&フェローズ)
配給 KADOKAWA=イオンエンターテイメント
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
公式サイト https://movies.kadokawa.co.jp/tonbi/
コピーライト (C)2022『とんび』製作委員会