そして、バトンは渡された

そしてばとんはわたされた
上映日
2021年10月29日

製作国
日本

制作年
2021
上映時間
137分

レーティング
一般映画
ジャンル
ドラマ

check解説

2019年本屋大賞を受賞した瀬尾まいこの小説を、「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」の前田哲監督が映画化した人間ドラマ。優子は血の繋がらない親の間をリレーされ、4回も苗字が変わった。一方、シングルマザーの梨花は夫を何度も変え奔放に生き……。主人公の優子を「仮面病棟」の永野芽郁が、優子が今一緒に暮らす義理の父・森宮さんを「哀愁しんでれら」の田中圭が、魔性の女性・梨花を「決算!忠臣蔵」の石原さとみが演じる。
映画館で観る
Blu-ray&DVDで観る
  • 【BD】そして、バトンは渡された ブルーレイ プレミアム・エディション

  • 【DVD】そして、バトンは渡された DVD プレミアム・エディション

  • 【DVD】そして、バトンは渡された

TVで観る

この作品のレビュー

映画専門家レビュー

  • 脚本家、映画監督
    井上淳一
    うまく作られた映画だと思う。それ故に気持ち悪さも際立つ。子供産めないから欲しくて子持ちと結婚して、子供と離れたくないから実父から奪って、病気だから子供の前から姿... もっと見る
  • 日本経済新聞編集委員
    古賀重樹
    2つの家族の物語が並行して語られ、やがてそれがつながる。だけどどうもしっくりとかみ合わない。アクロバティックな作劇の支点であり、2つの物語を結びつける要となる石... もっと見る
  • 映画評論家
    服部香穂里
    映画化にあたり、ミステリー的な仕掛けも施されてはいるが、後の答え合わせも楽しめるよう情報量豊かに撮られているため、ある程度読める展開ではある。そんな構成上の微妙... もっと見る

「そして、バトンは渡された」のストーリー

森宮優子(永野芽郁)は血の繋がらない親の間をリレーされ、4回も苗字が変わった。今はわけあって料理上手な義理の父・森宮さん(田中圭)と二人で暮らしている。卒業式で弾く『旅立ちの日に』を猛特訓する優子。将来のことも、恋のことも、友達のことも、うまくいかないことばかりだった……。一方、梨花(石原さとみ)は夫を何度も変えて自由奔放に生きている。泣き虫な娘・みぃたんに愛情を注ぎ暮らしていたが、ある日、娘を残して突然姿を消す……。

「そして、バトンは渡された」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「そして、バトンは渡された」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2021
公開年月日 2021年10月29日
上映時間 137分
製作会社 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会(ワーナー・ブラザース映画=日本テレビ放送網=ホリプロ=文藝春秋=読売テレビ放送=ジェイアール東日本企画=ローソンエンタテインメント=S・D・P=STV=MMT=SDT=CTV=HTV=FBS)(制作プロダクション:ホリプロ/製作幹事:ワーナー・ブラザース映画=日本テレビ放送網)
配給 ワーナー・ブラザース映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
公式サイト https://wwws.warnerbros.co.jp/soshitebaton-movie/
コピーライト (C)2021 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
2021年11月下旬号 REVIEW 日本映画&外国映画 「そして、バトンは渡された」
2021年11月上旬特別号 「老後の資金がありません!」 「そして、バトンは渡された」 前田哲監督が描く二つの家族のかたち インタビュー 前田哲[監督]
「老後の資金がありません!」 「そして、バトンは渡された」 前田哲監督が描く二つの家族のかたち 作品評「老後の資金がありません!」
「老後の資金がありません!」 「そして、バトンは渡された」 前田哲監督が描く二つの家族のかたち 前田哲監督小論
UPCOMING 新作紹介 「そして、バトンは渡された」