聖地X

せいちえっくす
上映日
2021年11月19日

製作国
日本

制作年
2021
上映時間
114分

レーティング
一般映画
ジャンル
ホラー

check解説

「シュシュシュの娘」の入江悠監督が韓国映画界と組み、劇団イキウメの舞台をオール韓国ロケで映画化したホラー。離婚を決意した要は兄・輝夫が住む韓国の別荘に身を寄せる。しかし二人は踏み込んだ者は奇妙な死を遂げると言われる聖地Xに入ってしまい……。「犬鳴村」はじめ数々のホラー作品を世に送り出してきた東映のプロデュースチームと、「22年目の告白 私が殺人犯です」のロボットが企画。「悪人伝」などを手がけてきた韓国の B.A.エンタテインメントがロボットと共同制作した。兄の山田輝夫を「さんかく窓の外側は夜」の岡田将生が、妹の東要を「九月の恋と出会うまで」の川口春奈が演じる。
映画館で観る
配信で観る
Blu-ray&DVDで観る
  • 【DVD】聖地X

TVで観る

この作品のレビュー

映画専門家レビュー

  • 映画・音楽ジャーナリスト
    宇野維正
    どこに向かっていくのかまったく予想できない序盤こそ興奮させられたが、早い段階で尻すぼみに。同じ著者の原作映画化歴もある黒沢清作品を連想させる風や水のカットがこれ... もっと見る
  • 映画評論家
    北川れい子
    人間の願望を察知して、それを実体化する得体の知れない何か──。この作品を観た某監督が「惑星ソラリス」を連想したとおっしゃっていて、私も心して観たのだが、強いて言... もっと見る
  • 映画文筆系フリーライター
    千浦僚
    SFミステリ、ホワイダニット、ハウダニット、ハプニングからのルール探し、というのはかなりいろんなことがやれると思う。「リング」、シャマラン映画、荒木飛呂彦漫画の... もっと見る

「聖地X」のストーリー

夫との生活に嫌気がさし離婚を決意した東要(川口春奈)は、兄・輝夫(岡田将生)が住む韓国の別荘に向かう。妹の突然の訪問に驚く輝夫だったが、要から夫のだらしなさを聞き、彼女の傷が癒えるまで一緒に韓国で過ごすことにする。しかし二人は知らないうちに巨木と井戸が目印の名もなき聖地、“聖地X”に踏み込んでしまう。そこに入った者は、精神を病み常軌を逸し奇妙な死を遂げると言われており、祈祷師が祓おうとしても太刀打ちできずにいた……。

「聖地X」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「聖地X」のスペック

基本情報
ジャンル ホラー
製作国 日本
製作年 2021
公開年月日 2021年11月19日
上映時間 114分
製作会社 「聖地X」製作委員会(朝日新聞社=Akatsuki=KDDI=キングレコード=東映ビデオ=FM802/FM COCOLO=ADKエモーションズ=サンライズプロモーション大阪=ROBOT=全日本プロレス)(企画:ロボット/企画協力:東映/制作プロダクション:ロボット/共同制作:B.A.エンタテインメント)
配給 ギャガ=朝日新聞社
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
公式サイト https://seichi-x.com/
コピーライト (C)2021「聖地X」製作委員会

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
2021年12月上旬号 REVIEW 日本映画&外国映画 「聖地X」