ギャング・オブ・アメリカ

ぎゃんぐおぶあめりか LANSKY
上映日
2022年2月4日

製作国
アメリカ

制作年
2021
上映時間
119分

レーティング
R-15
ジャンル
任侠・アウトロー 伝記 ドラマ

check解説

全米犯罪シンジケートを率いアメリカの暗黒街を支配したマイヤー・ランスキーを取り上げた伝記犯罪ドラマ。作家ストーンは伝説のギャング、ランスキーの伝記を執筆することに。インタビューで語られた半世紀を超える彼の人生は、壮絶な抗争の歴史でもあった。年老いたランスキーを「レザボア・ドッグス」のハーヴェイ・カイテルが演じる。また、「アバター」のサム・ワーシントン演じる作家のストーンは、本作の監督エタン・ロッカウェイの父親であるロバート・ロッカウェイをモデルにしている。
映画館で観る
配信で観る
Blu-ray&DVDで観る
TVで観る

この作品のレビュー

映画専門家レビュー

  • 米文学・文化研究
    冨塚亮平
    アメリカの歴史を裏から動かしてきた伝説的マフィアの一代記という物語そのものは、当... もっと見る
  • 日本未公開映画上映・配給団体Gucchi's Free School主宰
    降矢聡
    密輸、賭博、兵器の売買など、現在のアメリカを構成する重要な事柄にすべて関わってい... もっと見る
  • 文筆業
    八幡橙
    老境を迎えた伝説のマフィア、マイヤー・ランスキーが取材を受ける80年代と、彼が語... もっと見る

ユーザーレビュー

「ギャング・オブ・アメリカ」のストーリー

1981年、マイアミ。禁酒法時代から戦後までアメリカの暗黒街を牛耳った伝説のマフィア王マイヤー・ランスキーは、自分が死ぬまでは誰にも読ませないことを条件に、作家のデヴィッド・ストーンに伝記執筆を許可する。そしてインタビューがはじまり、ランスキーはこれまでの歩みを赤裸々に語りはじめた。貧しい幼少時代、ラッキー・ルチアーノとの出会い、殺し屋集団マーダー・インクを組織し、ついにはアル・カポネやフランク・コステロと肩を並べるまでに上り詰め、巨万の富を築き……。ランスキーの語る半世紀を超える人生は、血塗られたギャングたちの壮絶な抗争の歴史でもあった。インタビューが終盤に差しかかった頃、ストーンはFBIが3億ドルともいわれるランスキーの巨額資産を捜査していることに気付く。ストーンは捜査協力を強いられ……。

「ギャング・オブ・アメリカ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ギャング・オブ・アメリカ」のスペック

基本情報
ジャンル 任侠・アウトロー 伝記 ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2021
公開年月日 2022年2月4日
上映時間 119分
製作会社 Guns at Dawn Prodution=Above the Clouds=120dB Films=CaliWood Pictures
配給 アルバトロス・フィルム(提供:ニューセレクト)
レイティング R-15
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
公式サイト https://gang-of-america.com/
コピーライト (C)2021 MLI HOLDINGS, LLC ALL RIGHTS RESERVED.

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
2022年2月下旬 キネマ旬報ベスト・テン発表特別号 REVIEW 日本映画&外国映画 「ギャング・オブ・アメリカ」