to...

とぅ
上映日
2022年4月30日

製作国
日本

制作年
2021
上映時間
82分

ジャンル
ドラマ

check解説

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭などで高い評価を得てきた塩野峻平が、コロナ禍の“端の人”を描くオムニバス映画。監督・スタッフの多くが現役の中央大学の学生であり、彼らが身を持って感じてきたコロナ禍の生きづらさを繊細に表現し、コロナ収束後の世界への希望を作品に託した。100 名を超えるオーディションの中から選ばれたのは、植松優、東出薫、清水陽介、藍川きあら、猪征代、竹内詩乃。登場人物同様、コロナ禍で生きる 6 人の若者。挿入歌は、YOASOBI の ikura も所属した「ぷらそにか」の現メンバーである早希、YouTube で 6.5 万人以上のチャンネル登録者を持つDay and Night、力強い歌声でインディーズ界隈を沸かせるマリナの 3 組が本作のために楽曲を書き下ろした。
映画館で観る
配信で観る
Blu-ray&DVDで観る
TVで観る

ユーザーレビュー

「to...」のストーリー

〈パート 1 小松(植松優)×立野(東出薫)〉東京で1人暮らしをする大学2年生の小松は、隣人の立野がアパートを出ていく準備をしているのを見かける。立野は地方出身の大学1年生。進学のために上京したが、コロナの影響で講義がオンライン授業となり、大学に通えないため、実家に帰る決断をしたのであった。小松は、思い描いていた大学生活を送れなかったことに対し、複雑な思いを抱く立野の話を聞いて、彼女が東京で過ごす最後の日に、1日だけの東京観光に誘う。〈パート 2 要(清水陽介)×光(藍川きあら)〉要は実家の中華料理屋で働き、要の幼なじみの光は大学 3 年生で就職活動をしている。コロナ禍という状況の中で、要の実家の中華料理屋はだんだんと客足が減っていき、光もオンラインでの就活面接が続くなど、それぞれの状況でやりにくさや将来の不安などを感じている。光はそんな状況の中で、春から故郷を離れ、東京の会社に就職することを要に伝える。〈パート 3 大内(猪征大)×楠本(竹内詩乃〉倉庫でアルバイトをしながら劇団で役者をしている大内は、コロナ禍で役者として表現ができる場を失っていた。小規模ながら舞台の活動を再開し始めた時、大内は公演に頻繁に足を運ぶ女子高生の楠本にどこか不思議な感覚を覚える。舞台に上がるたびに楠本を気に掛ける大内。コロナでそれぞれの生活が一変した2人の間に、舞台演劇を通して自然と繋がりができる。

「to...」の映像

「to...」の写真

「to...」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「to...」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2021
公開年月日 2022年4月30日
上映時間 82分
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
公式サイト https://2021to-someone.com/

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
2022年5月上・下旬号 UPCOMING 新作紹介 「to...」