リトル・ロマンス

りとるろまんす
上映日
1979年7月14日

製作国
アメリカ

制作年
1979
レーティング
ジャンル
ラブロマンス

check解説

13歳になる少年と少女の間に恋が芽ばえ、永遠の愛を誓うためにベネチアに旅立つという恋愛映画。製作はイブ・ルッセ・ルアール、ロバート・L・クロウフォード、監督は「華麗なるヒコーキ野郎」のジョージ・ロイ・ヒル。パトリック・コーバンの原作を基にアラン・バーンズが脚色。撮影はピエール・ウィリアム・グレン、音楽はジョルジュ・ドルリューが各々担当。出演はダイアン・レイン、テロニアス・ベルナール、ローレンス・オリヴィエ、アーサー・ヒル、サリー・ケラーマン、ブロデリック・クロフォード、デイヴィッド・デューク、アンドリュー・ダンカン、クローデット・サザーランド、グラハム・フレッチャー・クック、アシュビー・センプルなど。
映画館で観る
配信で観る
Blu-ray&DVDで観る
  • 【DVD】リトル・ロマンス

  • 【DVD】リトル・ロマンス

  • 【DVD】リトル・ロマンス

  • 【DVD】リトル・ロマンス

  • 【DVD】リトル・ロマンス

TVで観る

ユーザーレビュー

「リトル・ロマンス」のストーリー

パリ郊外のアパルトマンで、タクシー運転手の父と2人暮らしの少年ダニエル(テロニアス・ベルナール)は、13歳だが、記憶力と数字が強い天才的な頭の持ち主。彼は、競馬の予想も正確だが、猛烈な映画マニアでもある。ある日、クラスでベルサイユ宮殿を見学に行った時、ダニエルはふとしたことでローレン(ダイアン・レイン)という美しい少女と知り合いになった。折しも、そこでは、俳優のブロデリック・クロフォード主演の映画の撮影が行なわれており、口ーレンは、監督のジョージ(デイヴィッド・デューク)と恋愛中の母ケイ(サリー・ケラーマン)と一緒だった。彼女は結婚歴3回、今では富裕なアメリカ人実業家リチャード(アーサー・ヒル)の妻という恵まれた身分にもかかわらず、ジョージを追いまわしているのである。哲学と数学が優秀なローレンは、たちまちダニエルと意気投合、再会を約束して別れた。ルーブル宮殿の庭園で再会した2人は、ふとしたことでジュリアス(ローレンス・オリヴィエ)という老人と知り合いになった。彼は2人に、ベネチアにあるため息の橋の下で日没の瞬間にキスした恋人たちは永遠の愛を手にすることができるというサンセット・キッスの伝説を語って聞かせ、ふたりの胸をときめかせた。ローレンは、両親が近くアメリカに帰国するのを知り、その前にサンセット・キッスの伝説を身をもって体験したいと考え、ダニエルとべネチア行きの決意を固めた。ジュリアスの協力で、必要なお金を得た2人は、ジュリアスと共に早速ベネチア行きの列車に乗り込んだ。しかし、途中、パリの友達ナタリー(アシュビー・センブル)に入れた電話を、ナタリーが聞きまちがえたことから、ローレンが誘拐されたということになってしまい、捜査が開始された。ローレンとダニエルが国境を越えてイタリアに向ったことをキャッチしたパリ警察は、同行している男が詐欺師でスリという証拠もつかみ、ベネチア警察へ新たな捜査指令を出した。一方、途中で大切な金を紛失し途方にくれていた3人は、ヒッチハイクしながら先を急いだが、途中、車に乗せてくれたカップルからジュリアスは金を失敬し自分の正体を子どもたちに話した。例の伝説も作り話しであることを告白したが、すばらしい夢を与えてくれたことに対する2人の感謝の気持は変わらなかった。ジュリアスは警察に自首し、ダニエルとローレンはようやくゴンドラに乗り、橋の下にたどりついた。教会の鐘が響きわたる中、ふたりはキスを交し、永遠の愛を誓い合うのだった。

「リトル・ロマンス」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「リトル・ロマンス」のスペック

基本情報
ジャンル ラブロマンス
製作国 アメリカ
製作年 1979
公開年月日 1979年7月14日
製作会社 オライオン・ピクチャー作品
配給 東宝東和
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
1979年6月下旬号 特別カラー・グラビア リトル・ロマンス
グラビア リトル・ロマンス
特集 「リトル・ロマンス」 1 一貫して知的でバランスのとれた感性
特集 「リトル・ロマンス」 2 伝説が生まれるすばらしい瞬間
特集 「リトル・ロマンス」 3 魅力あふれるディテイル描写
特集 「リトル・ロマンス」 4 世界の映画界の動向をにぎるオライオンとは
特集 「リトル・ロマンス」 分析採録
1979年7月下旬号 特集 「リトル・ロマンス」 2 “作り物”であることの素晴しさを教えてくれた
1979年8月上旬号 外国映画紹介 リトル・ロマンス
1979年9月上旬号 外国映画批評 リトル・ロマンス