この子は邪悪

このこはじゃあく
上映日
2022年9月1日

製作国
日本

制作年
2022
上映時間
100分

レーティング
PG-12
ジャンル
サスペンス・ミステリー ファンタジー

check解説

「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」の南沙良主演のサスペンス。家族で交通事故に遭った花は心に傷を負い、母・繭子は植物状態に、妹は顔に火傷を負う。ある日、心理療法室を営む父・司朗が5年振りに目を覚ました繭子を連れて帰るが、花は違和感を覚える。出演は、ドラマ『彼女、お借りします』の大西流星、「コンフィデンスマンJP ロマンス編」の桜井ユキ、「極主夫道 ザ・シネマ」の玉木宏。監督・脚本は、「ノイズ」脚本の片岡翔。オリジナル作品の企画コンテスト・TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2017の準グランプリ作品。第42回ポルト国際映画祭審査員スペシャルメンション。
映画館で観る
配信で観る
Blu-ray&DVDで観る
TVで観る

この作品のレビュー

映画専門家レビュー

  • 脚本家、映画監督
    井上淳一
    呆れた。商品以前のモノを見せられている感じ。ノンジャンル映画というのは、ホラーも青春もサスペンスも中途半端でいいということではない。主舞台の精神科医の家。ただ撮... もっと見る
  • 日本経済新聞編集委員
    古賀重樹
    交通事故で傷ついた家族の再生をホラーにするという発想が面白い。「幸せになろう」という強迫観念を具体的に表現したラストも鮮やか。怨霊とは無縁の明るいトーンは北欧ホ... もっと見る
  • 映画評論家
    服部香穂里
    虐待やネグレクトも、独善的で過剰な愛情も、親が身勝手に子どもの自我や尊厳を無視している点では、確かに紙一重かもしれない。ただ、何とも薄っぺらな正義や倫理観をかざ... もっと見る

「この子は邪悪」のストーリー

5年前、窪花(南沙良)は、家族4人で遊園地に行った帰り道に交通事故に遭い、心に傷を負う。心理療法室を営む父・司朗(玉木宏)は脚に障害が残り、母・繭子(桜井ユキ)は植物状態に、妹・月は火傷を負った顔を白いマスクで覆っている。そんな花のもとに、自分の母の病気の原因を探る幼馴染の少年・四井純(大西流星)が訪れ、ふたりは心を通わせるようになっていく。ある日、司朗が5年振りに目を覚ました繭子を連れて家に帰ってくる。ところが、花は嬉しそうな家族の雰囲気に馴染めず、母に対し違和感を覚える……。

「この子は邪悪」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「この子は邪悪」のスペック

基本情報
ジャンル サスペンス・ミステリー ファンタジー
製作国 日本
製作年 2022
公開年月日 2022年9月1日
上映時間 100分
製作会社 「この子は邪悪」製作委員会(カルチュア・エンタテインメント=ハピネットファントム・スタジオ=C&Iエンタテインメント=TCエンタテインメント)(製作幹事:カルチュア・エンタテインメント/制作プロダクション:C&Iエンタテインメント=Lamp.)
配給 ハピネットファントム・スタジオ
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
公式サイト https://happinet-phantom.com/konokohajyaaku/
コピーライト (C) 2022「この子は邪悪」製作委員会

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
キネマ旬報増刊 キネマ旬報NEXT Vol.45 相葉雅紀「それがいる森」 中田秀夫[監督]が語る相葉雅紀 「怖いのが苦手」な南沙良と大西流星でも共感できた人間関係の生々しい怖さ 「この子は邪悪」
2022年9月下旬号 REVIEW 日本映画&外国映画 「この子は邪悪」
2022年9月上旬特別号 UPCOMING 新作紹介 「この子は邪悪」