雨の方舟

あめのはこぶね
上映日
2022年7月30日

製作国
日本

制作年
2020
上映時間
70分

ジャンル
ドラマ

check解説

短編『パンにジャムをぬること』(19)が海外を含めた複数の映画祭で上映された、瀬浪歌央監督による初長編作品。森を彷徨った塔子は、4人の男女が暮らす家で目を覚ます。いつしか彼らとの暮らしにも馴染んでゆく塔子だったが、ある日、不思議なことが起こり始め……。出演は「浜辺のゲーム」の大塚菜々穂、「のさりの島」の中田茉奈実ほか。2019年度の京都造形芸術大学 映画学科卒業制作。
映画館で観る
配信で観る
Blu-ray&DVDで観る
TVで観る

この作品のレビュー

映画専門家レビュー

  • 映画・音楽ジャーナリスト
    宇野維正
    「日本のインディーズ映画の病」とも言える「奇妙な共同生活もの」がまた一つ。本作は若者たちの共同生活の背景にあるものを一切説明しないことで、映画としての強度に反転... もっと見る
  • 映画評論家
    北川れい子
    令和の若いヒッピーたちは、過疎化で空き家になった古民家で騒ぐでもなく共同生活を送っていました。渓流で洗濯、風呂は枯木で沸かしたドラム缶。全員がきちんと座っての質... もっと見る
  • 映画文筆系フリーライター。退役映写技師
    千浦僚
    今回本欄の別の映画で日本文化が脱色脱臭され、その素材がプラスティック的なものに置き換えられて幻想映画したのに比して、本作は素材感エレメント感土着感が強い。風土パ... もっと見る

「雨の方舟」のストーリー

降りしきる雨の中、森を彷徨う塔子(大塚菜々穂)。彼女が目を覚ましたのは、4人の男女が暮らす家だった。だが、彼らは何かが不自然で、どこか異次元の人々のようである。どこからか食物を調達し、生活は自給自足。ドラム缶風呂の炊き方や、渓流での洗濯などを学ぶ塔子は、そんな彼らとの暮らしにも馴染んでゆく。しかし、ある時、不思議なことが起こり始め……。

「雨の方舟」の映像

「雨の方舟」の写真

「雨の方舟」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「雨の方舟」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2020
公開年月日 2022年7月30日
上映時間 70分
製作会社 2019年度京都造形芸術大学映画学科卒業制作瀬浪組
アスペクト比 16:9
カラー/サイズ カラー
音量 5.1ch
公式サイト https://ame-no-hakobune-1.jimdosite.com/

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
2022年8月下旬号 REVIEW 日本映画&外国映画 「雨の方舟」
2022年8月上旬号 UPCOMING 新作紹介 「雨の方舟」