世界は僕らに気づかない

せかいはぼくらにきづかない
上映日
2023年1月13日

製作国
日本

制作年
2022
上映時間
112分

レーティング
PG-12
ジャンル
ドラマ

check解説

トランスジェンダーである自らの経験を元に制作した「僕らの未来」や商業デビー作「フタリノセカイ」で注目される飯塚花笑監督のオリジナル長篇第5作。日本人の父と離れ、フィリピン人の母と二人で暮らす青年・純悟のアイデンティティや愛をめぐる問題を当事者の目線で描く。主人公を演じるのは「東京リベンジャーズ」に出演する堀家一希。息子への深い愛情を抱きつつ、厳しい態度もとってしまう母親・レイナを演じるのは、スコットランド人の父親とフィリピン人の母親を持つガウ。2022年の大阪アジアン映画祭でワールドプレミアされ、「来るべき才能賞」を受賞。その後、ドイツ、韓国、ニューヨーク、香港、オランダ、シカゴ、フィリピンなど世界各地で上映。
映画館で観る
Blu-ray&DVDで観る
TVで観る

この作品のレビュー

映画専門家レビュー

  • 映画・音楽ジャーナリスト
    宇野維正
    サブタイトルに「Angry Son」とあるが、主人公の男の子がアングリーどころか健気すぎて、序盤から切なくなってしまった。その気持ちを最後まで引きずっていたせい... もっと見る
  • 映画評論家
    北川れい子
    途方に暮れる僕もいれば、自分の立ち位置に悩む僕もいて、僕はそれぞれに大変なのだった。おっと、タイトル絡みとはいえ、ふざけてごめんなさい。同級男子を愛しているフィ... もっと見る
  • 映画文筆系フリーライター。退役映写技師
    千浦僚
    つい最近もルビー・モレノ氏が久しぶりにスクリーンに登場し、力強い存在感を放つのを高橋伴明監督「夜明けまでバス停で」にて目撃したが、本作にも正規の労働に掬われるこ... もっと見る

「世界は僕らに気づかない」のストーリー

群馬県太田市に住む高校生の純悟は、フィリピンパブに勤めるフィリピン人の母親を持つ。父親のことは母親から何も聞かされておらず、ただ毎月振り込まれる養育費だけが父親との繋がりである。純悟には優助という恋人がいるが、優助からパートナーシップを結ぶことを望まれても、自分の生い立ちが引け目となり、なかなか決断に踏み込めずにいた。そんなある日、母親のレイナが再婚したいと、恋人を家に連れて来る。見知らぬ男と一緒に暮らすことを嫌がった純悟は、実の父親を探すことにするのだが……。

「世界は僕らに気づかない」の映像

「世界は僕らに気づかない」の写真

「世界は僕らに気づかない」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「世界は僕らに気づかない」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2022
公開年月日 2023年1月13日
上映時間 112分
製作会社 レプロエンタテインメント
配給 Atemo
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
音量 5.1ch
公式サイト https://sekaboku.lespros.co.jp/
コピーライト (C)「世界は僕らに気づかない」製作委員会

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
2023年2月上旬号 REVIEW 日本映画&外国映画 「世界は僕らに気づかない」
2023年1月上・下旬合併号 UPCOMING 新作紹介 「世界は僕らに気づかない」