彼岸のふたり

ひがんのふたり
上映日
2023年2月4日

製作国
日本 アメリカ

制作年
2022
上映時間
90分

レーティング
一般映画
ジャンル
社会派 ドラマ

check解説

俳優の北口ユースケが初めてメガホンを取り、室町時代の遊女・地獄太夫をモチーフに運命に翻弄される女性たちを描いた人間ドラマ。14年間音信不通だった母が突如現れたオトセ。一方母の店を手伝いながら地下アイドルとして活動する夢は、望まぬ妊娠をし……。新生活の不安と過去の傷に苛まれる西園オトセを東大阪のご当地アイドル『Ellis et Campanule』とアイドルユニット『イロハサクラ』を兼任する朝比奈めいりが、オトセの母を「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」の並木愛枝が演じる。2022年9月17日より大阪・シアターセブンにて先行公開。
映画館で観る
配信で観る
Blu-ray&DVDで観る
TVで観る

この作品のレビュー

映画専門家レビュー

  • 脚本家、映画監督
    井上淳一
    児童虐待が本当に赦せない。それを描いた映画も極力観たくないし、その重さを凌駕するだけの覚悟を持った映画もあまり観たことがない。だから本作には驚いた。虐待母と娘と... もっと見る
  • 日本経済新聞編集委員
    古賀重樹
    この新人監督も非凡な演出力がある。虐待のトラウマをもつ主人公が押し殺している心の声を、幻覚としてつきまとう男に託す。いかれた母親への抑えられない思慕がその声を制... もっと見る
  • 映画評論家
    服部香穂里
    永田洋子役での怪演が未だ鮮烈な並木愛枝が、“毒親”以前の人間像に肉迫し、親子間の悶着とは、報道されるものは氷山の一角で、誰もが当事者にな... もっと見る

「彼岸のふたり」のストーリー

児童養護施設から巣立った西園オトセ(朝比奈めいり)はホテルの清掃係として働き始め、必死に自立の道を模索するが、幼少期に受けた虐待のトラウマが幻影・ソウジュン(ドヰタイジ)としてつきまとい続けていた。そんなオトセの元に、14年間音信不通だった母・陽子(並木愛枝)が突然現れ、金銭目的だと頭ではわかっていてもオトセは母との再会に喜びを感じる。しかし陽子が勤め先のホテルで騒動を起こし、オトセは故意ではないものの指導係の清掃員の女性を傷つけてしまい、仕事も住処も失ってしまう。一方、広川夢(寺浦麻貴)は女手ひとつで育ててくれた母が営む定食屋を手伝いながら地下アイドルとして活動していたところ、妊娠したことに気付く。望まぬ妊娠であるが、お腹の子の父親であるマネージャーに伝えられないまま、ステージに立った。そんな二人の人生が交差し、夢のラストステージに勇気づけられたオトセは、過去の自分と向き合うため、母が暮らす生家に向かう。

「彼岸のふたり」の映像

「彼岸のふたり」の写真

「彼岸のふたり」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「彼岸のふたり」のスペック

基本情報
ジャンル 社会派 ドラマ
製作国 日本 アメリカ
製作年 2022
公開年月日 2023年2月4日
上映時間 90分
製作会社 「彼岸のふたり」製作委員会(企画・制作:SAKURA entertainment=TSUKUBA INDY/制作プロダクション:イチビリピクス)
配給 新日本映画社(大阪先行公開配給:ディンギーズ)
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
音量 ステレオ
公式サイト http://higannofutari.com/
コピーライト (C)2022「彼岸のふたり」製作委員会

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
2023年2月下旬 キネマ旬報ベスト・テン発表特別号 REVIEW 日本映画&外国映画 「彼岸のふたり」
UPCOMING 新作紹介 「彼岸のふたり」