カード・カウンター

かーどかうんたー THE CARD COUNTER
上映日
2023年6月16日

製作国
アメリカ イギリス 中国 スウェーデン

制作年
2021
上映時間
112分

レーティング
R-15
ジャンル
サスペンス・ミステリー ドラマ

check解説

アメリカが掲げた「テロとの戦い」のもと戦争犯罪の十字架を背負い続けるギャンブラーが、ある出会いをきっかけに、復讐と贖罪を賭けた人生の勝負に挑むミステリアス・スリラー。「タクシードライバー」から45年、監督のマーティン・スコセッシが製作総指揮、脚本のポール・シュレイダーが監督・脚本という強力タッグが実現。刑務所で8年間服役した元上等兵の主人公ウィリアムを、カンヌ受賞作「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」のオスカー・アイザックが魅惑的に演じる。ウィリアムと運命的な出会いを果たすカークを「X-MEN:アポカリプス」でアイザックと共演したタイ・シェリダン、ラ・リンダをコメディアンとしても人気のティファニー・ハディッシュ。第78回ヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門正式出品。
映画館で観る
配信で観る
Blu-ray&DVDで観る
TVで観る

この作品のレビュー

映画専門家レビュー

  • 米文学・文化研究
    冨塚亮平
    VR技術を用いた刑務所内の撮影など目新しい要素も興味深いが、いつも通り孤独な男による贖罪の物語を脇目もふらず描き切ろうとするシュレイダーの徹底ぶりに心がゆさぶら... もっと見る
  • 日本未公開映画上映・配給団体Gucchi's Free School主宰
    降矢聡
    ギャンブル映画にしては緊張感がなさすぎるし、復讐劇としてもその結末はあっけない。ギャンブルと復讐という二つの要素が見事に混ざり合ってるとも言い難い。描かれる一つ... もっと見る
  • 文筆業
    八幡橙
    ポール・シュレイダー×マーティン・スコセッシ。45年の歳月を経て、なお「タクシードライバー」を思わせる暗い過去を背負った孤高の男の罪と贖罪の物語を生... もっと見る

「カード・カウンター」のストーリー

幽霊のようにカジノからカジノを渡り歩くウィリアム・テル(オスカー・アイザック)は、風変わりなギャンブラーだ。米国軍刑務所で8年間服役し、独学で「カード・カウンティング」と呼ばれるカードゲームの勝率を上げる裏技を学んだ彼は、「小さく賭けて小さく勝つ」がモットーで目立たず、匿名でいることを好む。ある日、ウィリアムはギャンブル・ブローカーのラ・リンダ(ティファニー・ハディッシュ)と出会い、大金が稼げるというポーカーの世界大会への参加を持ちかけられる。一度は断ったウィリアムだったが、その直後、アトランティックシティで二人の男と遭遇する。一人は、かつて上等兵だった自分に“消えない罪”を背負わせた男ジョン・ゴード(ウィレム・デフォー)、もう一人はウィリアムにゴードへの復讐を持ちかける若者カーク(タイ・シェリダン)だった。ラ・リンダとカークとの運命的な出会いが、ウィリアムの心を駆り立てる。彼はラ・リンダにコンタクトを取り、世界大会のテーブルに座る。

「カード・カウンター」の映像

「カード・カウンター」の写真

「カード・カウンター」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「カード・カウンター」のスペック

基本情報
ジャンル サスペンス・ミステリー ドラマ
製作国 アメリカ イギリス 中国 スウェーデン
製作年 2021
公開年月日 2023年6月16日
上映時間 112分
製作会社 Saturn Streaming=Astrakan Film AB=Redline Entertainment=LB Entertainment=Enriched Media Group=One Two Twenty Entertainment
配給 トランスフォーマー
レイティング R-15
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 5.1ch
公式サイト https://transformer.co.jp/m/cardcounter/
コピーライト (C)2021 Focus Features. A Comcast Company.

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
2023年7月上・下旬合併号 REVIEW 日本映画&外国映画 「カード・カウンター」
2023年6月下旬号 UPCOMING 新作紹介 「カード・カウンター」